W204 エアコン修理

エアコンが効かないという事での入庫ですが、風がでない。
まずは、ここから診断していきます。
コントロールパネルからの信号をテスターで確認し、問題がないのでレジスターを点検。
こちらも問題なく、ブロアモーターの点検。

直電でも動かないのでまずは、こちらの交換から。


新品の抵抗は

風が出るようになると、全く冷えないのでマシーンを接続して。


蛍光剤入りのオイルと規定量の充填。


ばっちりな冷え具合。
漏れが無いか?は継続しつみていければいいですね。
スポンサーサイト

フィアットパンダ

車検で入庫のパンダ。
今回は、ドライブシャフトブーツが切れていたのでまずはここから。

前回伸びるブーツで交換しましたが、対応年数が短いかも。
交換してからの走行距離から考えるとちょっと早いので、今後は使わない方向で。
部品がない場合のみ使うかも。
で、綺麗にするのが大変ですね。

ジョイントも分解して

綺麗にして。
後は特に問題がないので継続もOKでした。

W210 エンスト、始動不良修理

最近エンストするようになってしまったという事でお預かり。
エンジンユニットには、故障コードは無し。
一度エンストの状況を確認した時に、エンジン始動不良の時はエンジンユニットと通信できないことから、ユニット本体か電源か?

まずはK40の正常時、不良時の電源の確認。



K40からの電源供給がユニットにいかないので
交換します。

こういった作業は、いつもドキドキです。
交換後は無事一発でエンジン始動しエンスト、始動不良を起こさない事を確認して完了です。

エクストレイル

T30 エクストレイル。
12万キロ走行で諸々の消耗品の交換です。
まずはベルト

スパークプラグ

ドライブシャフトブーツ、右アウター

左インナー

インナーが今回の車両は、非分解の為アウターから順に外しての交換。
今回もハブスプラインが錆びていた為外すのに時間がかかりました。

取り付け時は、磨いてグリスを塗って仕上げます。
試運転して完了。

水漏れ修理

HB11サニーの水漏れ修理。
漏れがなかなか目視で確認できませんが
フリーズブラグみたい。
なのでバラしていきます。



やっとたどり着くと、2番シリンダーから漏れ確認。

今回は、他のシリンダー四箇所を交換。

でバッチリ

実はこれ2回目。
1回目はブラックを使いましたが、漏れてしまい、再度バラして今度はベンガラを使いやっと漏れが止まるという失態。
一発で決めたかったyo。

オーバーヒート

オーバーヒートしたという事で入庫の日産マーチ。
点検すると電動ファンが動かない。
アクティブテスト、単体テストの結果ファンモーターを交換します。


交換後、作動確認して完了。
同時作業でプラグの交換依頼。


どうせならスロットルも清掃

今回は、学習に3回かかりました。
その他、久しぶりにエスティマのヘッドライトを磨いたり


エリシオンのミッション載せ替えなどやってました。