プジョー ATF交換

プジョー307のATFの交換。
まだ2万キロと走行距離は少ないですが
抜いたオイルはラメラメです。


今回もおすすめのASHオイルを使用。
ATF.CVTなど早めのオイル交換が故障を防ぐには重要だと思います。
スポンサーサイト

なんだかブーツ交換が続きます。

車検で入庫のカルタスワゴン。
走行距離は全く伸びていないですが、年式的にブーツ切れが。

IMG_7580.jpg

左右のドライブシャフトブーツとロアボールジョイントブーツ。

点検で入庫のストリームはタイロッドエンド左右。

IMG_7581.jpg

ロアボールジョイントブーツ左右

IMG_7582.jpg

ABSのセンサーが錆で外れないので、交換はこんな感じで

IMG_7585.jpg

ブーツの設定がない車両でもサイズを合わせて交換できるのでガタが出る前に交換できればリーズナブルですね。
ヒビ割れの状態だと交換をオススメしています。

ブーツ切れ

車検で入庫のM35 ステージア。
右のロアボールジョイントブーツが
切れているので交換します。

以前エンジン不調でスロットルを清掃した経緯があるのでこちらでクリーニング。

バネットトラックもブーツ切れ、ヒビが酷いので交換しました。


腰にくる作業です。

はじめてはドキドキ

点検で入庫のレクサス GS450h
ハイブリッドは、本当にパットが減りません。
走行距離からATFの交換をご提案し了解が得られたので作業します。
今回のATは初作業。
オイルの注入は、こんな所から。

オイル量の確認は、油圧検出モードにていつも通りに進めると、エンジン回転が上がってしまい焦りました。
結果、最後はきちんと規定油温にて調整できましたが、やはりはじめてはドキドキさせられます。
車検入庫のプレマシーのエアコンフィルターは交換に手間がかかります。

始動後しばらくパワステが重いレガシーはベルト交換でバッチリ。

久しぶりのW210のレギレーターの交換は、リベットを外すのが苦手です。

車検いろいろ

で、マツダ デミオ。
まずは走行距離を考えてATFの交換。
IMG_7546.jpg

汚れてますね。
オイルは劣化するので交換すると不具合も回避できると思います。
オイル交換を定期的にやればまず壊れる事はないと思います。

スパークプラグの交換はカプラーの爪を破損させない様に暖めながら

IMG_7547.jpg

IMG_7548.jpg

グリスを塗って取り付けます。

ロアのマウントが切れているので交換。
IMG_7551.jpg

左リヤショックもオイル漏れの為交換。
本当なら左右同時に交換したりフロントも交換すればいいですね。
IMG_7549.jpg

スイフトのベルトは間一髪。
走行中に切れなくて良かったですね。
IMG_7564.jpg

ミニキャブのエアコンベルトはストレッチ。
インストールの工具がついてきます。
IMG_7565.jpg

ストレッチベルトってどうなの?

インテグラタイプR

異音、水漏れ、オイル漏れでの点検で入庫。
まずは異音。
こちらはエアコンのテンショナープーリーから。
IMG_7526.jpg

外した序でなのでマウントも交換します。
IMG_7531.jpg


水漏れはドレン。
IMG_7525.jpg

コックのOリングを交換。

オイル漏れはドライブシャフトのベアリング?
IMG_7527.jpg

ここは上にオイルエレメントが付いているので前回の交換時に清掃しきれてないのか?
今回はクリーニングして様子を見て頂く事に。
ここから滴になるような漏れってあるのかな?


反省

先日の水漏れ修理のアトレー。
検査場の下回り検査にてご指摘。
水漏れてますよ、再検査にはしませんが
点検してね、と。
工場に戻り確認するともう一箇所の三又ジョイントから漏れてます。

外すとやはり簡単に朽ち果てました。

材質変更の部品に交換して

再度エア抜きして漏れ確認して今度こそ完了です。
納車後でなかったのが幸いです。
詰めが甘かった、反省です。

漏れるのが早い

車検で入庫のアトレー。
ウォーターポンプの漏れあり。

前回他社にて、タイミングベルト交換の時に同時に交換した履歴がありましたが、それから4年、4万キロで漏れてしまいました。
残念です。
今回は、合わせてクランク、カムのシールも交換。
気になった三又のジョイントは外すとボロボロ。
材質変更になってます。

ニッサン  ピノ

冷却水漏れでの入庫。
漏れ箇所を点検するとサーモスタットハウジングから。
本体も変形してました。


オイル漏れも酷いのでタペットカバーパッキンも追加で交換。


汚れているスロットルボディも清掃して

エア抜き、漏れ点検して完了です。