ニッサン プリメーラワゴンのエンジン異音

点検で入庫のプリメーラ。
ギヤを入れるとエンジンから異音がするという事です。
アイドリングでギヤDレンジにすると振動と異音がします。
異音の場所を確認するため色々と診て行くとベルトがバタバタと
暴れています。
これは以前にも経験しましたオルタネータープーリーの異常です。
ベルトを外して確認すると可変プーリーがロックしていました。
今回はまずはこちらのプーリーの交換。
IMG_7181.jpg

同時にベルトも交換してまずは異音は解消。

その他点検では必ず確認するエアコンフィルターも詰まっていたので交換。
IMG_7182.jpg

これでまた快適になりますね。
スポンサーサイト

VW トゥーラン ドライブシャフトブーツ

ドライブシャフトのブーツ切れ。
右のアウター、左のインナー。

IMG_7095.jpg

IMG_7094.jpg

ドライブシャフトを外しての作業なので今回はインナー、アウターすべて交換となりました。

切れていないインナーのグリスもデロデロ。
IMG_7096.jpg

このタイプのシャフトはいつも抜き取りに苦労しますね。
修理書を見ると気の効いたSSTがあるようですが、ないので
時間ばかりかかってしまいます。
作業中もグリスの掃除をしながらなのでこれまたお掃除にも時間がかかります。

すべてのブーツを交換してスプラインにはグリスをぬって組み付け。
IMG_7097.jpg

作業後に試運転して完了です。



RX-8  クラッチO/H

久しぶりのクラッチ整備。

まだ2万キロ走行でしたが、滑ってしまったようです。

早速下ろします。



外す部品が多めです。





バッテリー接続すると、幾つかの警告灯が付きましたが、消去したりハンドルきったりしてエラー解除し最後は、試運転して完了です。

NV200 バン エアコンフィルター取り付け

点検で入庫のNV200のバン。
いつも通りエアコンフィルターを点検すると付いてません。
車体番号ではフィルターは設定なしということでしたが、見慣れた
蓋の形状から通常使うノートなどと同じ感じなので部品発注して確認
してみるときちんと取り付ける事ができました。
IMG_7084.jpg

ワゴンでは設定があるようですが、バンにはない、でも取り付けが出来るのであれば
それほど特殊な形状ではないので今回の様に合う部品はあるものです。

その他、フロントパットの交換でピストンを縮める前に潤滑剤の注入。
IMG_7085.jpg

リヤのブレーキシリンダーも錆が見られるのでブーツキットの交換。
IMG_7086.jpg

こちらは点検がおろそかになりがちですが、漏れたり錆びたりと走行距離に関係なく
不具合を抱えやすいのできちんと点検しいいタイミングで手をいれたいところですね。


最後はパワステオイル漏れ

これは預かり中に気づいた不具合。
パワステからのオイル漏れの為、やっと車を動かした時に
ポンプの音がうなっていたので調べるとポンプ、プレッシャー
スイッチから漏れていました。

確認すると以前からポンプからの漏れはあったようです。

部品が高額なので継ぎ足しで前所有者が乗っていたそうです。
苦肉の策なのか、下のオルタネーターにオイルが付かない様に
鉄板が取り付けられていました。

IMG_6969.jpg

この修理が部品の調達で大変でした。
ポンプ本体は高額、プレッシャースイッチは廃盤と。
色々と知り合いに探してもらいポンプは何とか中古で。
プレッシャースイッチは何と新品で用意できました。
私もイギリスのサイトなどで探しましたが、全くヒットしなかったので
こういったコネクションの重要さが身にしみました。

IMG_6974.jpg

IMG_6975.jpg

交換後は漏れも止まり一安心ですが、ホース類からのにじみもあるので
今後漏れが治まったことで、他の弱っている所から漏れなければいいのですが。

今回の車両、車種初めて整備させて頂きましたが今後も不安がありますね。
古い車両の場合、漏れが止まって通常の圧力がかかる様になると
他の弱ったところにダメージが出てしまう事が多いので、しかも納車間もなく
なんて言う事もあるのでしばらくは安心できませんね。

お次ぎはご用命事項

水漏れが治まったディムラー。
ダイムラーというのか?
よくは解りませんが、エアコンが全く駄目ということ。
ゲージを当てるとガスゼロ。
まずはコンプレッサーが作動する程度のガスと蛍光剤を注入して
漏れテストをしてみます。
するとすぐにコンプレッサーの配管のつなぎ目と
低圧バルブから漏れています。

IMG_6959.jpg

IMG_6960.jpg

まずはここのOリングと高低バルブ、室内にいくバルクヘッドのとこのOリングを代えて。
タマッコロのバルブは要注意ですね。

IMG_6962.jpg

真空引きして多めに二日ぐらい漏れないかの確認をしてからガス注入。

吹き出し温度は8度ぐらいになりました。

IMG_7054.jpg

またここから次の部品が入荷するまで、漏れていないか確認しましたが大丈夫の
ようでこれまた一安心。

今後また別なところから漏れる可能性はお伝えしなくては。

ディムラー ダブルシックス 水漏れ修理

水漏れのためレッカー入庫のディムラー。
圧力テストをするとウォーターポンプ上の分岐パイプのホースから
漏れているので、まずはここから交換。

IMG_6944.jpg

古い車両ですが今までの冷却水の管理が悪かったのか、パイプ、ホース内部と錆が酷いです。

IMG_6950.jpg

問題の部分のホースは、部品としてあったのですがパイプ両端の細いホースが在庫なしで
見つからず国産のホースにてサイズを合わせての対応となりました。
外した序ででサーモスタットも交換しました。

交換後の圧力テストで漏れなし、エンジンをしばらく掛けておいても漏れなしで
完了かと思っていたらロアホースに一滴。

IMG_6967.jpg

ちょっと指に引っかかる感じのささくれのような感じはありましたが、圧力を
掛けても漏れないので安心していましたが、温度の関係で漏れてしまうようです。

外して確認すると、亀裂が入っています。

IMG_6968.jpg

ロアホースも交換し、これで水漏れは完治。
国内にない部品もあったりで、維持するには大変ですね。

この後、修理希望箇所もありでまだまだ続きます。