プジョー 307SW ブレーキ修理

久しぶりの投稿になってしまいましたが、ブレーキから
異音がするという事で入庫の307。
拝見するとフロントのパットが限界を超え、ローターまで削ってしまっています。
IMG_6936.jpg

パット、ローターの交換になりますが、キャリパーマウントのボルトがロックタイトで
ガチガチなので暖めながら緩めますが、固いです。

IMG_6935.jpg

取り付け前に清掃して固着防止。

IMG_6939.jpg

リヤのパットも危険な感じでローターもレコードの様に筋が酷いので
こちらも追加で交換します。

IMG_6937.jpg

ベアリング付きのローターなので価格はちょっとお高いですね。
シャフトにも固着防止で。

IMG_6938.jpg

後は持ち込みのスタビロッドを替えて

IMG_6934.jpg

試運転して完了です。

持ち込みは大歓迎ではありませんが、今回の作業の序でということで。
スポンサーサイト

ニッサン ムラーノオイル漏れ

パワステが音がするのでベルトかな?
という事で入庫してきましたが、この音がオイルポンプからの音。
高圧ホースからのオイル漏れでオイルが不足しての音でした。
まずはこの高圧ホースの交換です。
交換するには、カウルパネルを外さないといけません。

IMG_6920.jpg

もろもろ外して

IMG_6919.jpg

この状態にしてからの交換。

ホースを外すのも知恵の輪で無理なレイアウトなのか、取り付けも意外と大変。

IMG_6917.jpg

作業中に発見したドライブシャフトインナーブーツ切れ。
しかも今回左右とも。

IMG_6914.jpg

シャフトを外してベアリングの状態など確認しながらブーツ交換。

IMG_6916.jpg

すべての作業を完了し、試運転して異音などない事を確認して終了です。

ニッサンのV型エンジンのこのホース、取り回しに無理があるみたいで
良く駄目になりますね。
変な音がしたら早めの対応が良いと思います。

タント P0420

エンジンチェック点灯で入庫のダイハツ タント。
故障コードはP0420 触媒劣化。
特に不調は感じられない状態ですが、HCがやや高めです。

本当に触媒がだめなのか?センサーの不良なのか?
触媒後、O2センサーを調べます。

最初に点検した時はこんな感じで
IMG_6798.jpg

微妙ですが反応してしまっています。
通常ですとリヤのO2センサーは触媒を通過しているのでこのように
反応してはいけないのですが。
ここでO2センサーの前後での反応を見てみます。

IMG_6894.jpg
 
写真が立てになってしまっていますがフロントのセンサーと同じ動きになっています。

しばらく様子を見ていると通常の状態に戻ったり
IMG_6909.jpg

パーツクリーナーを吸わせた時の反応を見たりしながら判断した結果は
触媒不良。
通常の状態に戻ったりするので判断に迷いましたが、中古部品で交換してみます。

交換後は大体0.8V程度で大きく反応しない通常の状態になり
IMG_6897.jpg

試運転しても問題ないので触媒が駄目だったのでしょう。
軽自動車でも触媒は高額な部品になるので最終判断は緊張してしまいますね。



バモス 水温警告灯点検

以前、エンジン載せ替えしたバモスが
またもや水温警告灯点灯したという事で緊急入庫。
高速走行が多いので、またかと思いましたが今回は、電動ファンの故障でした。



途中、警告灯が消えたという事で走行してきましたが、入庫時に100℃を超えていたので心配でしたが修理後は規定水温でファンも作動し水温も安定しているので一安心。

W169 チェックエンジン点灯

特に調子は悪くないけどチェックランプが付いたので見てほしいと。
まずは故障コードの確認。

IMG_6898.jpg

IMG_6900.jpg

コード消去して試運転すると、チェックランプは付きませんが
同じコードが入力されてしまいます。
このコードが入力されている場合は、スロットルが汚れている事が多々あると
Yメカの友人情報を元にスロットルの確認。

IMG_6889.jpg

結構汚れが溜まっているので奇麗にお掃除して

IMG_6890.jpg

708にて学習

IMG_6891.jpg

何度かの試運転の後、故障コードの入力がなくなったのでいいでしょう。
国産、輸入車問わずスロットルの汚れが不調になったりチェックランプ点灯の
原因になる事が多いですね。
定期的なお掃除が必要ですね。

12ヶ月点検

で入庫のダイハツ ネイキット。
点検の他の依頼はエンジンの振動が気になるという事です。
点検するとマウントに傷みがあるので、
三ヶ所のマウントの交換。



これで不快な振動もなくなりました。

その他、左ドライブシャフトインナーブーツ切れの為シャフトを外して交換しますが、ハブが固く抜けないので、無理に外さずに作業。


全て完了後、試運転して最終確認を行い納車です。

ホンダ フリード エアコン効きが悪い

まだまだエアコンが必要な日が多い中、冷えがいまいち
ということでの入庫です。
コンプレッサー、電動ファンは作動しているので了解を得て
マシーンを接続してエアコンのもろもろのチェックをして行きます。
入庫時の吹き出し温度は

IMG_6875.jpg

これでは冷えは悪いですね。

ここからはマシーンに任せます。

IMG_6880.jpg

抜き取れたガスは少ない。

IMG_6878.jpg

真空引き後の漏れチェックでは問題がないので規定量を入れていきます。

IMG_6876.jpg

作業後の吹き出し温度は冷え冷えです。

IMG_6879.jpg
UVオイルも入れているので今後漏れがあった場合もチェックできます。
一晩置いた後のチェックでも問題なく冷えているので大丈夫でしょう。