ジャガー XK

新規で入庫の個人経営?の業者さんからの依頼で
リヤパット交換からのもろもろ。
この車両も最近の主流の電動パーキング。
ですが特に解除などなく交換できます。
ありがたいことです。
IMG_6858.jpg
IMG_6857.jpg
パットはいいタイミングでした。

車検も絡んでいてストップランプが付かなくカーショップでバルブは交換したと。
IMG_6859.jpg

色々と調べていきますが
IMG_6860.jpg

結局はバルブ違いでした。
IMG_6861.jpg

その他車検という事で切れているブーツを国産流用で。
IMG_6862.jpg

IMG_6863.jpg
IMG_6865.jpg

ジャガーのブーツ類は弱いですね。


スポンサーサイト

ファンベルト

今まではベルトの劣化の判断はリブのひび割れや鳴きなど
で判定していましたが、最近のオートテンショナーになった
車両はよく確認する事が重要です。
ベルトが痩せてしまったり、背面が劣化してしまうことが多々あります。
IMG_6637.jpg

こんな感じでベルト背面がガサついていたり

IMG_6615.jpg

すり減ってしまったり

これをそのままにしておくと、ベルトが裂けてしまい異音がしたり走行不能になる事も
それが絡まって二次的な修理が必要になり高額になる事もあります。

IMG_6795.jpg

頻繁に交換する部品ではないですが、出先で不調になる前に点検や車検の時などに
チェックして早めに交換した方がいいと思います。
エンジンのかけ始め、加速時に音がするなら交換が望ましいですね。

ディーゼルエンジン不調

最近あまり入庫がないディーゼル車。
同業さんよりエンジン不調修理で入庫してきた2KDエンジンのトヨエースです。
故障コードは、EGR,EDUの不良といっていましたが、消去後再度入力がないので、まずは気になるエンジンの振れ、なんか一発おかしいところから調べていきます。
データモニターでは


2番インジェクターが最大値で固定。
アクティブテストで2番停止しても変化がないのでインジェクターがダメと判断して今回は19万キロ走行なこともあり4本リビルト品で交換します。



外したEGR清掃して動きをチェック。




交換後にID登録してエンジン始動すると冷間時のアイドルも安定し吹き上がりもいいので完了。
後は翌日の始動を確認すればOKのはずが問題発生。
朝一の始動が掛かるがすぐエンスト。
燃圧が足りないか上がらないのか?
漏れはない様なので??
データでは、クランキング中に燃圧が上がらないのが問題みたい。


色々調べてサプライポンプの初期化をすると燃圧もすぐに上昇し始動も一発となり一安心です。
これがダメだとまた高いバルブの追加交換となるところでした。
ディーゼルの修理も色々と面倒になってきたんですね。

最後に、インテークからクリーナーを注入して


やっとまとまり、勉強になりました。

マツダ デミオ チェックエンジン

チェックランプ点灯にて、同業さんからの依頼です。
今回は、部品も持ち込みで点灯原因のノックセンサーを交換します。
まずは、インマニを外して。


問題のセンサーを交換して。


最終チェックして完了です。

ATF交換

ACM21 イプサムのATF交換。
汚れが酷かったので、いいタイミングでした。