W211 CDIの点検

9万キロ走行のW211 CDI。
前回ATFなどは交換しているので、今回はご用命箇所を
含めた12ヶ月点検。
持ち込み部品ありなので、そちらから手を付けていきます。

エアーエレメント。
前回も交換したと思いますが、今回も結構ゴミが詰まっています。
IMG_6239.jpg

リヤのブレーキは分解して色々と掃除給油して。
IMG_6240.jpg

IMG_6241.jpg

フロントブレーキは、パット、ローター持ち込みで。
IMG_6247.jpg

タイミング的にはいい時期だったと思います。

今回、エンジンオイルの交換はなしだったのですが、オイル漏れが
あったので、少し早いタイミングと言う事でしたが、
オイル漏れがあった温度センサーとオイル交換。
IMG_6246.jpg

走行距離が伸びてきましたが、きちんと定期的に点検をしているので、今のところ
大きな故障はないです。
少し気になるところがあるので、そこは今後も経過を見て行きたいと思います。


スポンサーサイト

グランドボイジャー

エンジン異音、ブレーキ異音、チェックランプ点灯での入庫。
まずはエンジン異音から。
すごい音がしています。
調べるとオルタネーターから出ていると的を絞って
ベルトを外しての確認。
プーリーの動きがおかしいです。
ベルトを外した状態でエンジン欠けると異音はしなくなります。
オルタネーターに確定でその動きがこんな感じ。

と思いましたが動画の容量がキャパオーバーなのでこちらは後に
単独でアップします。

ブレーキはフロントパットとローター。
IMG_6243.jpg

今回いいタイミングだったと思います。

IMG_6244.jpg

チェックランプは最初付いていなかったのですが、試運転最初はEGR。
これはオルタネーターの交換で外したので一瞬焦りましたが、
その後の数回の試運転では、常にこちらのコードが入ります。
IMG_6245.jpg

直したいという事なので、こちらは明日また調べて行きます。

動画はどうやってアップすればいいのだろう?
というよりアップするときに容量を小さくしないといけないのに
その方法は、
わかりません。

動画はFBにアップできましたので、見てみてください。

エスティマ これまた盛りだくさん。

横置きV6のMZ。
エンジン整備は非常にやりづらいのですが、オイル漏れなどなど
今回修理する事になりました。
今回のオイル漏れはタペットカバーP/K。
そこにたどり着くまで分解していきます。

IMG_6199.jpg

こんな感じで外して

IMG_6201.jpg

だんだんやりやすくはなってくる。

IMG_6203.jpg

ここから本命にアクセスしていきます。
その後の写真はなぜか?撮っていませんでした。
走行も8万キロ越えなので、このタイミングでプラグも交換。
IMG_6210.jpg

スロットルもブラシでお掃除。
IMG_6211.jpg


そして水漏れもありで、これはIMG_6202.jpg
ラジエターアッパータンクから。

今回は社外新品でいきました。
IMG_6212.jpg


ベルト鳴きが気になるとの事。
IMG_6207.jpg
IMG_6205.jpg

もう少しで切れちゃうとこでしたね。

IMG_6204.jpg

パット交換で、ピストンを縮める前にシュット注入しておきます。

ブレーキオイルを交換して、こちらも交換。
IMG_6213.jpg

このブリーダーブーツの役目は非常に重要です。
切れていたり、付いていないと後々大変な事になります。

まだまだ気になるところはありますが、予算の関係でここでストップ。
でもまだまだ乗り続けたいという事で、作業内容は盛りだくさんでした。
次は多分タイミングベルト。

それまでまた大事に乗って頂きたいですね。


ワゴンR いろいろ

色々と不調を抱えているワゴンR。
まずはエアコン修理。
コンプレッサーが回らないという事。
エンジンルームにオイルが飛び散っているので
どこかでホースがパンクしたのか?
バンパーを外して確認すると、

IMG_6162.jpg

IMG_6163.jpg

後付けのホーンのステーが、干渉して高圧ホースに傷が付いてしまっています。

IMG_6189.jpg


この高圧ホースとレシーバーを交換して規定量のガスの注入。

IMG_6194.jpg

真空かけて漏れテスト、そして規定のガス量を注入。
コンプレッサーオイルも自動、任意で注入できるのでいいですね。
天候にも左右されないので、エアコン修理が楽になりました。

冷えもバッチリ。

IMG_6196.jpg

お次ぎはガソリンメーターが上がらないと。
現在の表示は半分のところ。
タンク半下しで、メーターの作動点検すると、きちんと
作動するので、ゲージの不具合でしょうか?

交換にはタンクを下ろして。

IMG_6190.jpg

古いゲージをつないで一応作動の確認。

IMG_6191.jpg

交換後は、燃料満タンでfullまできちんと表示するので、
後は使用してもらって作動を確認してもらえば大丈夫でしょう。

本日はあいにくの天候ですが、午後からはイベントに参加してきます。
皆様もよい休日を。

オーバーヒート

水漏れで途中オーバーヒートもしてしまった
三菱のミニキャブ。
量販店で漏れ止めを購入、注入したが止まらないと
言う事です。
お預かりして漏れ箇所を確認するとプラスチックの
タンクのような分岐部分からの漏れでした。
IMG_6192.jpg

オーバーヒートもしたという事なのでサーモスタットも交換します。
IMG_6193.jpg

ゴムの部分はささくれ、開きっぱなしの状態。

すべての作業を終え、適正水温で電動ファンの作動を確認して完了。
ヘッドがいってなくてヨカッタ。

ここにきて軽自動車の入庫が続いてます。

アイドリング不良

アクセルを踏んでいないとエンストしてしまうスズキキャリー。
アイドリングが全く効いていない状態です。
まずはIAC?ISCのバルブの点検。
抵抗値は問題なし。
一応コンピュータ側の抵抗も測定しこちらも問題なし。
スズキはコンピュータも壊れる事もあるので、チェックします。

まずはスロットルボディーを外して掃除してみます。
IMG_6183.jpg

結果は惨敗。

イグニッションのオンオフで変な音がしていたので、モーターの
動きが悪いでしょうと言う事で交換する事にしました。
新品のお値段が結構高めなので、緊張します。

いざ交換となるわけですが、組み付けてエンジンをかけるまで
違うとこか?などドキドキします。
IMG_6195.jpg

結果は良好。
きちんとアイドルアップして暖気後も安定。
再始動も問題ないのでOKです。

勝手にすいません。

以前のブログが使いづらいと思っていましたが、
新しい宿もどうしていいのかわかりません、

どうやって投稿すればいいか?写真は?
全くわかりません、、、。
記事をアップするにはまだまだ時間が掛かりそうです、、。

今回、以前のブログから半分引っ越しな感じで
勝手にリンクもはらせて頂きました。
やめておくれ、や、リンク漏れなどありましたら
連絡くださいね。
まだまだ未完成ですが、リンクを貼り私個人のモチベーションも
上がれば直よろしいと言う事で。
今後とも宜しくお願いします。

おめでとうございます。

この週末、一人のメカニックが独立するという事で
静岡、沼津までお祝いに行こうといった会に参加してきました。
集まったメカニックは日本各地から総勢30超え。
初めてお会いする方がほとんどでしたが、私にとっても
また新しい始まりのようなそんな会でした。
まずは、こちらの工場に朝一集合して近くの東名バス停で
他の方面からの車に拾ってもらい出陣。


気ばかり焦って、早めの到着。

ちょっと遠めですが、かなりの広さの工場でした。



まずは工場で、挨拶を交わしてから宴のスタート。






その後、ホテルにいったんチェックインして。
ほとんど出張なんて縁がないので、なんか新鮮でいい感じ。




そしてあらためて二次会のスタート。



その後は夜の街へ。



カラオケで盛り上がり、この時点でいい時間になってました。



部屋に戻るとすぐ就寝。



今回誘って頂いたH氏ありがとうございました。
このメンバーを仕切る大役お疲れさまでした。
また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています。


今回の事もありちょっとブログの引っ越しも考えています。
リンクや投稿など使いづらい点があるので、、。
引っ越しが完了したらまた告知したいと思います。

今後とも宜しくお願いします。

オイル漏れ



WHYD21のテラノ。
リヤハブからの漏れで、サイドブレーキのライニングもオイル漬けになってしまい効きも悪いという事です。



ハブベアリングもオイルがまわってしまったので、交換していきます。



手持ちの道具とプレスの上げ下げでの作業。
交換後は、サイドブレーキの調整と試運転で完了。

デフオイルは臭い。

いろいろとやってます。

最近はなかなか更新ができていませんが、色々と
やっております。
今回は、エアコンフィルターについて。
昔はこんなフィルターが付いていなかったので、
エアコンの風が弱いと言えばエバポレーターにホコリ満載
なんて事が多くこれを掃除するにはそこそこの費用が掛かって
いましたが今はフィルターが付いているので、定期的に交換すれば
回避できるのですが、
大体がこんな感じになっているお車、多いです。






年式によっては標準装備ではない時もあり、出来れば点検などの時
気づいて装備すればなんて事もあります。


台座の部分を切り取ってフィルターを装着する事が出来ます。


これからの季節、匂いや風の出具合に不安があればぜひ交換してほしいですね。