BMW E60オイル漏れ

ここのところ、オイル漏れが続いています。
今回はBMW。
オイルエレメントのハウジングからの漏れです。



エンジンを伝って漏れていきます。

外した部分を奇麗に清掃。
オイル漏れの場合は、この清掃に時間がかかります。



外したパッキンはやはり固くなっていました。



早めに修理すれば二次災害を防げるので定期的な点検は重要です。
最近はアンダーカバーに覆われているので駐車位置でオイル漏れが
確認できる時は相当な漏れになっている事が多いですね。
スポンサーサイト

ホンダ バモス オーバーヒート

高速走行でヒートランプが点灯してしまったバモス。
点検するとやはりヘッドガスケットが駄目なようなので
交換作業にはいります。
ガスケットを見てもここが、という感じではないですが
シリンダーヘッドをよく見るとどうも2番シリンダーに
問題があったようです。



ブロック面も清掃し



ヘッドも軽く清掃、研磨して歪みがないので組み付けて行きます。



エア抜きは慎重に時間をかけて。

試運転しながら水温をモニターし、安定している事を確認して
再度翌日の水位を確認して完了です。
まーしかしこんなに問題がある車もないですね。
エア抜きに時間がかかり、付きっきりなので気が重い作業です。

保証延長になっていますが、一回目までは距離、年数問わず保証して
貰いたいですね。
多分走行距離も少なくちょい乗りの場合、気が付かないが症状が出ている
車両もあるような、、気がします。

ER34 オイル漏れ修理

タペットカバーからオイル漏れのER34スカイライン。
この季節分解して行くのに気を使います。



コネクターやホースなど年数もありますが、カチカチに
なったいるので破損させないよう注意が必要です。

外したパッキンはカチカチでした。



今回はここまで分解したのでスパークプラグも交換。
ニッサン車はバキューム関係のホースが多く、しかも古くなると
部品がでない事もあるので、分解は慎重になります。
最近の国産メーカーは、部品がなくなるのが早すぎますね。

アウディ A4 車検

A4 8KCDNF アバントクワトロの車検整備。
走行が8万キロちょっと手前なのですが、オイル漏れがなく
いい状態です。
今回は消耗品の交換です。
エアーエレメント。
社外品が付いていたのですが、ボロボロ。



フィルター繋がりで、エアコンフィルター。
こちらもゴミ、ホコリ多し。



スパークプラグはお疲れさんと感じ。



しかし今回のプラグ交換で、1、2番プラグホールに
若干のオイル侵入あり。
ここを修理するには、バルブカバー兼カムホルダーに
なっているので、大変な感じですしSSTも必要になってきます。
気休めですが、漏れ止めをいれて様子を見てもらって
今後経過を見て行ければと思います。
工具は、ebayなどで購入は出来そうなので、いざ修理となれば
揃えないといけませんね。

最後はオイル量の確認。



レベルゲージなしの車両なので、車両の項目より確認しますが
レベルガイドがついているのでぜひゲージは付けてもらいたいです。
やっぱり目で確認したいですね。

トヨタ ボクシー エンジンチェック点灯

点検と同時にエンジンチェック点灯修理で入庫。
エンジンには特に不具合はないようなのでここは
定番のあそこと思いつつ、故障コードを確認すると
やはりO2センサーB1S1ヒーター断線。
単体点検でもアウトなのでセンサーの交換になります。



この4気筒では、この故障は多いですね。
部品代が安いのが、ユーザーにとっても救いです。
これが輸入車ですと、メーカー、車種により高額な場合もあります。

たまに今回の故障が特に問題がありませんという説明をする
メーカーの方(Dのフロントマン)がいるようで、チェックランプが点灯していても
大丈夫というユーザーさんもおりますが、このセンサーは非常に
重要な役目を担っているので、不具合がある場合は、早期に
修理する事をおすすめします。
(結局、ヒーターの断線なので暖まれば作動するという説明が多いようです)

Z33 作業中止となり残念

Z33が業者さんより車検の依頼です。
走行距離8万キロ手前ということで、油脂類の交換と
プラグの交換の見積もりをしてOKがでたので、作業開始。
一応V型エンジンですがプラグ交換で、インマニは外さなくても
出来ますがそれなりに配線などよけるのでちょっとは大変です。
いざコイルを外していくと



両バンク共に一番後ろのシリンダーにオイル漏れが。



追加見積もりで、OKがでたので作業続行していると
再度電話で作業中止となりインマニのアッパーを外したところで
逆戻りで再組付け。



一応プラグホールのオイルは吸い出しておきましたが、、。
今回は私も勉強不足といいますか、この車両はカバーがプラスチックの
為歪んでオイルが漏れるのが多いみたい。
しかもパッキンがでなくカバーAssyでの交換なので部品代も高額です。
ダイハツでもたしかありましたが、プラグホールのパッキンが単体で
出ないというのはどうなんでしょう?
なにか対策して貰いたいですね。

今回の様に、車検時の高額修理で断念するなんて事がたまにあります。
車検と同時ですと確かに痛い出費になるので、日頃の点検で
修理計画を立てる事がお車の維持にはよろしいかと思います。

W211 ベルト廻り一新

数日前、お客さんがオイル補充時にこぼしてしまい
その後のエンジン始動でベルトが外れたということで
出張にて対応したのですが、ベルトの状態も良く無く
11万キロ走行でしたので、今回テンショナーも含めて
交換となりました。

本日小雪降る中作業に行ってきました。
前回の作業時に、とりあえずベルトは掛かったのですが、エンジンを
少しかけた後、テンショナー部分でベルトがズレてしまいます。



ベルトの状態はこんな感じでアウト。



今回の交換部品達



交換時に気がついたのですが、オイルエレメントブラケットから
オイル漏れがあるので、近々交換した方がいいと言う事を
お伝えしておきました。