ニッサン ムラーノ 異音修理

走行中の異音という事で、足回りの不具合では?
ということで、点検の依頼です。
走行した感じでいうと、確かに足回りのように感じますが、
運転して言う感じでは、どうもマウント関係があやしい。
振動がお尻に伝わってきます。
横置きエンジンの肝、右のマウントを確認すると亀裂があったため
走行距離も10万キロという事もあり、マウント一式の見積もりを
作成し承諾が得られたので交換となりました。

こちらが外した右マウント。
完全にちぎれています。



こちらは、電気制御付きのフロントマウント。
こちらも亀裂が酷かったです。



フロントマウントの交換は、色々と外す部品が多いです。



リヤのマウント交換は、触媒を外すのですが、今回はここで問題が。
スタットボルトが1本取れない、、。
どうやっても駄目なので、ちょうどサンダーが入ったので
ナットを切って何とか取り外す事ができ一安心。


意外と苦労、外す部品が多く点数表通りでは割が合わない仕事に
なってしまいました。
交換後は、異音もなくなり振動も消えたので、気持ち良く
のって頂けるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

W211 ヒーター効かない

温度調整でヒーターにしても、冷風しか出ないので
寒いということです。
こういった場合は、切り替えがうまくいかないのか、ヒーターバルブ
が開かないかのどちらかです。
まずはDS708にてチェック。
エアコン関係は特に問題ないようですが、このヒーターバルブの場合は
ドライバーサイドのSAMにて管理しているようなので、こちらを見てみると



故障コードが入っています。

ここからさらにアクティブテストにて作動確認。



作動していないようなので、ヒーターバルブの交換が必要なのですが、
今回の車両は、右ハンドル。
SBCのマスターシリンダーの下に鎮座している為、通常ですとマスターシリンダー
の脱着、エア抜きが必要になりますが、余分なものは外したくない。
この状態でも交換が可能と言う事なので、チャレンジ。


このような狭いところから、知恵の輪というよりある意味強引に取り出します。


何とか抽出に成功しましたが、取り付けがまた非常に大変で、もう二度とやりたく無い
作業ベスト3に入ること間違いないですね。

取り付け後はもちろんですが、きちんと循環する様になり、ヒーターの効きも
バッチリとなりました。

外した部品を見ましたが、腐食の度合いは酷くはありませんでしたが、
水が混入していました。



もう少し交換しやすい様にしてくれればいいのですが、、、。
カウルパネルを外すのが、非常に固くビビりながらの作業になり
時間もかかりますが、神経もすり減りますね。
手も傷だらけ、、、。

続く時は続きますね。

今回はマツダ デミオ。
フロントパットの厚みは5ミリぐらいでしたが、
ローターの状態が悪いです。



よってローター研磨とパット交換。
これでまたブレーキのタッチ、鳴きなど変わる事でしょう。

あとはスタビリンクロッドのブーツ切れ。
マツダの場合は、ブーツのみの交換が出来ないタイプなので
ロッドの交換になってしまいます。



特にガタなどがなければ、ブーツの交換でお安くできる車種も
ありますが、マツダ系はそれが出来ません。

Z4 ブレーキ修理

点検で入庫のZ4。
フロントパットがセンサーギリギリなので交換します。



ローターも少しですが、減っているので研磨。



このままパットだけ交換してもいいのかもしれませんが、
鳴きが出たりする場合があるので。
結果かなり歪んでいたようで、ブレーキタッチも変わったと思います。

ちょっとテスト的なかんじで、

ここのところ、ブログとfacebnookの連携が
うまくいかず、新しくiftttを使い始めたが、これが
以前の様にうまく表示できず、設定を色々とためしている
段階です。
そこで今回はこんなショット。
我が家の車のメーターがこんな表示に



何となく撮ったものなので特に意味はありませんが、
ちょっといい気持ち、おっ、やった!てなるのは何ででしょう?

おかしい

facebookとの連携がうまくいかなくなってしまった。
どうしたらいいのか?模索、模索。

ある車検整備

車検整備って色々とあります。
安い?、高い?。
この値段は、内容によって変わってくる。
私が知るメカニック達は、きっちりしっかりやっているところが
多いというより当たり前に作業にあたっていますね。
そんなことを考えながら、今回はちょこっと当社のアピール的な
作業の一コマ。
最近ロングライフと言われているスパークプラグのチェックや
状態によっては交換したり



走行距離に関係なく錆や漏れが起りやすいリヤのブレーキシリンダ。



ブレーキパットは分解してこんなところを掃除したり
グリスを塗ったり



サイドブレーキの状態の点検と調整など



とても1、2時間では終わらない内容なのです。
時々高い!なんて言われる事もあり見積もり後、再入庫がない事も
ありますが、多分これが当たり前の作業であり、見えない安心の提供なんだと
思って作業しています。

BMW バルブ交換

BMW E? ボルボの3桁の車両認識もわかりませんが
BMのEほにゃららもわかりません。
今回は5シリーズ、E60かな?
のポジション切れ、通称イカリング部分の球切れです。
今回、初めての交換作業でしたが、何と行ってもせまい。
このバルブソケットの交換で傷だらけ。



とにかく狭い。


何とか交換を無事終えましたが、鮮血が、、、。

トヨタ アルファード サードシート修理

サードシートを格納するときに、足が格納しないという案件です。
確かに右側の足が治まりが悪いです。



本来ならシートを外しての作業になりますが、色々と面倒なので
今回はon the carで。

この動きをワイヤーで行っているのですが、その中の一つのワイヤーの
不良でこんな事になっていました。



正規の位置関係はここです。



部品交換して作動確認



電動スライドドアなどいろいろと便利になっていますが、壊れると高額修理に
なるような事が増えて行くのでしょうね。

USプリウスの診断

業者さんよりUSプリウスのエンジンチェックの診断の
依頼です。
なんでも自分のところのスキャナーでは故障コードのみの
表示でどこがおかしいのかわからないという事です。
早速つなげてみます。




故障コードは



調べると日本の故障コードは存在せず、、、。
ちょこっとネットで調べるとUSではそこそこ故障があるようで
こんな情報も



とりあえず、こちらをプリントアウトして今後どうするか
判断してもらうという事で、、。
同じ20系でも付いている部品が違ったりするんですね。

修理希望の場合は、多分USに部品発注となるのでしょう。