マツダ エアコンフィルター交換

エアコンフィルターは、あまり交換されている事がなく
車種によっては、非常に交換しにくい事も多々ありますが
今回はマツダです。
グローブボックス下のカバーを外し、ヒューズケースを
ずらしたその奥深くに鎮座していてさらにフィルターカバーは
ねじ止めと通常ほとんどが目をつむってしまう場所に付いています。


こういった車両の場合は、走行距離や喫煙家か?などをふまえて
交換をおすすめします。
取り替えが簡単な車両の場合は、外して確認して交換しますが
汚れている事が多いですね。
スポンサーサイト

アウディA4  レギレーター交換

助手席側のガラスを上下すると異音がすると言う事です。
まだ動いてはいますが、危険な香りがする音がしています。
このタイプの車両はちょっと厄介ですね。
まずは内張りを外していきます。


ここまでは、通常の作業と変わりませんが
その後は


枠ごと外すという、何とも緊張する作業です。
外してみるとやっぱりプラ部分の破損で異音が出ていたようです。
壊れ易いのにこの作り、きびしい~。

久しぶりのディーゼル

同業よりタイミングベルト交換の依頼です。
久しぶりのディーゼルエンジン。
タイミングベルト交換は問題なく終了となりましたが、
タペットカバーからのオイル漏れが追加となりました。


清掃が大変ですね。
ガソリンエンジンとは違い、爪の奥底まで浸透する汚れに
参りました。
最後にタイミングベルトの警告をリセットして完了です。
現在27万キロ。
こうやって乗り続ける事もエコですね。

勉強、勉強です。

最近ちょっと問い合わせなどあったりで
新たに調達してみました。


プジョーの修理書ですが、今回はAL4の問題の
ソレノイドバルブを交換するには?
ということからの導入です。
バルブボディを外して交換するようですが、
その後の調整が面倒みたいですね。
一応SSTが必要みたいですが、そのあたりはどうなんでしょう?

VW ポロ ドアロック不良

運転席のドアロックが不良です。
リモコンロックが効かないので不便という事で
ドアロックAssyの交換となります。
このタイプは、レギレーターパネルについてきますので、
交換作業も通常よりも面倒ですね。


しかもこのパネルにプラのステーにリベット止めと
なんとも嫌らしい取り付けです。
ドアロック自体にも当たりの部分のスポンジが付いてないなど
交換が思ったよりも面倒です。


新品には写真のスポンジが付いてません。
ここは手持ちのもので対応しましたが、、。
交換後は機能を取り戻しました。が、この場合はある程度セットものでの
部品供給をしてほしいですね。

ダッジ マグナム 車検前整備

業者さんより車検前整備での入庫です。
今回は、エンジンオイル、エレメント交換。
ブレーキオイル交換と消耗品の交換となります。
走行5万キロ強だったので、プラグの交換を
おすすめするとゴーサインがでたので交換していきます。
この車両、ツインプラグだったんですね。


この手のサプレッサーは、熱でプラグにくっついてしまうので
外すにも神経使うし緊張します。


外したプラグは16本。
今回はすんなり外れましたが、次回の交換の事やかじりを防ぐために
耐熱グリスを塗って取り付けます。


それにしても16本は骨が折れますね。

最後、車検時にライトの点灯に問題ありと再入庫。
点検時は問題なかったのですが、時間が経つとだめになるようで
アメ車は、スモール点灯時、ウインカーを出すとスモールが消えてウインカーのみ
点灯する様にリレーが付いているのですが、これがだめみたい。


しばらくぶりにお目にかかりました。
知り合いの工場から譲ってもらい今回は迅速に対応できましたが
今後を考え、1セット在庫する事にしました。
しかし次はいつ使うのでしょうか?
前回からかれこれ5、6年ぶり?
このリレー、FCSリレーというようです。
ブログを徘徊していて知りました。
ちょっとした注意不足でした、、、反省。