MZ21 ソアラの車検

ちょっと古めの車両ですが、とても大事にされている
のでこちらも気が引き締まります。
今回のご用命は、シフトレバーのガタ付きで
お客さんがブッシュを持参してくれました。
交換はシフトレバーを外すのですが、古い車両は
分解するにも普段以上に気を使います。


 
さらに分解して問題のブッシュを交換。


片方はくだけて跡形もなくなっていました。
交換後は、シフトがかっちりとなり気持ちがいいですね。

後はリヤのブレーキパットを交換したり、オイル漏れがあった
デスビのOリングを交換。


ゴムはカチカチで外すとパキンと割れました。

今までも不具合を直させて頂いている車両ですので、今後も元気に
走っていただけたらいいですね。
あと不安案件はエアサスですが、こちらは製造終了とオリジナルを
維持できるようメーカーさんも考えてもらいたいです。
最近の国産車の部品打ち切りが早い様に思います、、残念。
スポンサーサイト

軽自動車の車検

走行距離が多めな軽自動車の車検です。
まずはタペットカバーのオイル漏れ。
プラグの方にも漏れ始め、間一髪といったタイミングでしたね。



オイルパンからも漏れていたので、シールの打ち直しです。



そしてドライブシャフト。
インナーブーツからグリスが漏れています。


こうなると、バンドを交換してもブーツが固くなっているので
漏れは止まりません。
交換となる訳ですが、今回はアウター側も亀裂があり危険と判断して
インとアウト両方交換する事にしました。



何でも交換している様に写るかもしれませんが、事前にこういった
処置をすると高額修理にはならないと思います。
こういった不具合は、点検をしないとわからず、不具合があっても
普通に車は動きます。
これを知って乗るのか?知らずに乗るのか?
その選択権はユーザーにありますが、ぜひきちんと相談できる
主治医をみつけて頂きたいと思います。
そうすれば修理のタイミングや優先順位など相談しながら
愛車の維持が出来ると思います。

W211 ボールジョイント交換 その他

今回不具合を抱えたw211が入庫。
指摘箇所は、バッテリー警告とギシギシ音、こげた匂い
ということです。
バッテリー警告はサブバッテリーの交換で解決。
ギシギシ音、音の修理はなかなか難しいですが、
記録簿によるとスラストアームは交換済み。
どこだろうと調べると、ロアのボールジョイントがガタガタでした。
よって交換となりますが、これを交換するにはハブキャリアを外して
プレスで交換するか、SSTを使って車上で交換するかのどちらかです。
今回は、SBCな事もあり今後も考えて急遽工具を購入して車上での
交換となりました。
それにしても固かった。



そして焦げ臭いのは、タペットカバー、ブローバイケースからのオイル漏れ。
これは私が思うに必ず漏れますが、オイル交換をあまりしない車両はこの
ブローバイの小さい穴が塞がっている車両がほとんどですので、
やはりオイル交換は定期的にした方がいいと思いますね。



修理中発覚した、ATのオイル漏れ。
こちらももう皆さんが知っているカプラーから。
この車両は9万キロと走行距離も多いですが、ストレーナー交換と同時に
ATFも交換しました。



油量の調整は、テスターにて確認しながらなのでつきっきりになります。


試運転した感じでは、変速ショックもなくまだまだいけそうな感じです。
後は今後定期的にオイル交換すれば、寿命も延びると思います。

今回交換した部品。
タペットをやるならプラグもと提案して交換しましたが、あまりの固さに
ちょっとビビりました。



ねじ山が錆び付いてしまうので、私は耐熱グリスを塗って取り付けます。
そうすれば次回交換するときに、こんな不安もないですからね。
それにしても一度にこんなに不具合があると大変です。
やはり定期的に点検して修理箇所を分散して直していけば、出費も防げますし
維持していくにも良い塩梅で楽しめると思います。
本当に小さい町工場ですが、その都度工具を買ったり修理書を買ったりと
対応しております。

エブリー ダッシュバラシ

室内より異音、ネックレスがちぎれデフロスターから
落ちてしまい走行中音が出てしまうのでこちらの除去
をしてもらいたいということです。
まー軽自動車なのでと思ったら、とんでもなく
面倒でした。
通常、ダッシュ下しはダッシュパネルを外し、配線をよけながら
骨組みを外し、ヒーター、エアコンユニットを外すといった手順ですが
今回の車両は、パネルと骨組み、配線すべて付いた状態での取り外しです。
考えると逆にいっぺんに外せるのでいいのですが、この配線が始めてだと
手こずりましたね。
車内だけではなく、車外の配線も一度室内に引き込んで一気に取り外すと
修理書を見るまで気がつきませんでした。
それでも無事、取り外し完了。




ヒーターケースを分解して出てきた玉玉。


皆さんも気を付けましょうね!
故障ではない痛い出費です。

錆び付きやすいですよ。

点検や車検での作業には、分解点検、目視点検、締め付け
など意外と項目が多いのですが、これが実に重要なのです。
車は動いていれば正常という訳ではなく、機械ですので
気がつかないうちに不具合が進行してしまいます。
今回はブレーキで不具合の多いリヤのホイールシリンダーです。


洗浄後、特に問題がなさそうに見えます。
ブーツをめくっても漏れもなく、動きも悪くはないですが、
今までの整備履歴や年間の走行距離からオーバーホール
する事にしました。
分解してみると


錆び付き始めの状態。
一昔前、ブレーキ関係は走行距離や年式で必ずオーバーホール
するのが当たり前でした。
特にリヤがドラムブレーキの車の場合、錆び付く事が多く、
年間の走行距離によっては、毎回手を入れないといけない場合もあります。
車は人間以上に消耗する箇所が多いので点検は重要です。
点検で不具合がなく、故障してしまった時は思わず問いかけますね。
「おい、どうしたんだ?どこが悪いの?この間は絶好調だったのに」
まっ、しゃべれないのでひたすら調べますがこういった時は、焦りますね。

ジャガーSタイプ ATFオイル漏れ

変速ショックが最近気になるという事で
お客さんに相談された工場からの入庫です。
外車なので、そこの工場ではできないと言う事で
助っ人的な感じですね。
私も今回の車両は始めてになるので、とりあえず
預かってみますとレベルゲージがない最近主流のタイプです。
以前に買っておいたジャガーの修理書にぎりぎり載っていた年式だったので
交換要領を確認していざ作業開始。
リフトアップすると、オイルパンから多量のオイル漏れ。


アンダーカバーもビッショリです。


ZF製のミッションでBMと一緒でしょうか?
こうなるとパッキンの交換だけでは不安なので、見積もりをお知らせして
OKがでましたので、オイルパン(ストレーナー一体)の交換となりました。
6万キロ走行でしたが、思ったより汚れはすくないです。
タイミング的にはいいタイミングだったと思います。



交換作業は簡単ですが、オイル量の調整にはテスターが必要です。
オイルの温度をモニターしながら


ミッション横のプラグよりオイルを入れていきます。


今回の車両は30度で50度を超えてはいけないという事なので
30度で油量を確認して試運転、漏れを再度確認して完了です。
最終的に8Lものオイルが入りましたが、抜けたオイルが3.5Lだったので
だいぶオイルが不足していたようです。
私の体感では変速ショックが和らいだと思いますが、あとはお客さんに
乗っていただき変化を感じてもらえば本当の意味での完了となります。

バッテリーが上がる

UZS171マジェスタがバッテリーが上がり新品交換後に
原因は?と言う事での入庫です。
まずは充電系を調べると電気負荷を加えると充電電圧が下がって
しまうのでオルタネーターの交換。
部品待ちの間に暗電流を調べると


0.4A程度流れてしまっています。
こちらの原因も調べなくてはいけません。
お客さんの話ではもしかしてCDチェンジャーでは?
と言う事で調べるも外れ、、、。
色々と調べて行くと、犯人はアンプでした。


アンプのコネクターを外すと暗電流の数値も下がります。
とりあえず面倒ですが、お車を使わない時は助手席側の
オーディオヒューズを外してくださいということで。
今回の入庫で色々と不具合も発覚しまたこのブログに
登場するかもしれないですね。
もう15万キロも走っていますし年式からしても不具合が
重なってしまう時期かも?  ですね。