ジャガーXJ ブレーキ修理

閉店後、ブレーキ修理依頼で緊急入庫。
ブレーキパットが減りすぎてオイルが漏れてしまい
危険な状態のためお預かりとなりました。
翌日確認すると、右キャリパーがこんな感じに


ピストンが飛び出てしまいオイルが漏れだしています。
ローターは


ここまですり減った状態は始めてみました。
今回は何とか無事だった左キャリパーはそのままで
右のキャリパーO/H、パット、ローターの交換で対応しました。
交換後は試運転して、ブレーキの効き具合、引きずりを
点検してただいま納車待ちです。
スポンサーサイト

ニッサン ティアナ 異音修理

一番難しい異音修理のティアナが入庫。
異音は原因を突き止めるのに時間がかかります。
しかも今回は業者さんからの依頼なので直接状況を
確認できないので何度も試運転して私が感じた事を
伝え、さらに再度お客さんに症状を確認しての作業になりました。
まず、私が感じたのは室内に振動やエンジン音のこもり音がする事。
エンジンマウントでは?と提案し最小限でという事で、
エンジン右マウントの交換となりました。


FF車の振動の場合の多くがメンバーについている右側の
マウントを交換すると改善される事が多いです。
外したマウントは


ちぎれて本来の位置より下がってしまっていました。
交換後はハンドル、室内への振動も劇的になくなりました。
シフトの入れ替え時に若干の振動が有りますが、その他のマウントを
交換すれば良くなると思います。
FFは4カ所有りますので、一度に交換するにはコストもかかるので
要交換ということで納車しました。

ニッサン リバティ ブレーキ修理

ブレーキから音が出るという事で見てほしいという依頼でしたが
フロントパットが限界を超えていたのでお預かりとなりました。
ローターも傷がついてしまったので(歪みも出ていると判断)
研磨しました。
減ってしまったパットはこんな感じで危険な状態です。


残量確認のプレートが擦れてしまいローターに傷をつけて
しまいました。
そしてローターは研磨してきれいになり


安心して乗って頂けます。
国産、輸入車問わずなるべく研磨で対応しております。
外車の場合は(欧州車)パット交換2回目でローター交換になります。
しかしリヤの場合は、元々の厚みが薄いので状態によっては
交換となる場合が多いですね。

ラウム スライドドア修理

以前から不具合相談を受けていた車両で今回の車検と
ともに左オートスライドドアの不具合修理も行いました。
症状は、助手席のドアが閉まっていると警告音がなり
オート機能がストップしてしまう、しかし助手席ドアを
開けた状態だとオート機能が作動するという事です。
このときは手動でも助手席ドア閉のときはスライドドアは
あける事ができません。
通常使用で非常に不愉快な、使いづらい不具合ですね。
今回の問題は、助手席にあるスライドドアロックが電気的に
解除できないという事がすぐにわかりました。
助手席を空けるときは、リンクにより機械的に解除できるため
ドアを開けるとオート機能が作動するということです。
ここでなぜ電気的にロック解除できないか?というところから
始まります。
オートスライドドアはユニットも有り、色々なセンサーも付いて
いるのでその辺りの関連部分の資料をDから頂いての診断になりました。
結果は特に問題なし。
そこで今度は、ドアロックに信号がきているのか?という事になります。
調べるときちんとロック解除の信号がきているので、ドアロックの
不良と判断して、交換に踏み切りました。


こちらがロックAssyになります。
色々な修理についても交換後、きちんと作動するか?
誤診ではと確認できるまでドキドキしますね。
結果は、作動良好、無事に直りほっと一安心です。
しかしちょっと遠回りしてしまいました。
Dに相談したらタッチセンサーでは?と大量の資料を頂きましたが
結局はドアロックの不良ということで、最初の症状確認のときの
ひらめきが足りなかったと思います。

日産 キューブのオイル漏れ

車検で入庫のキューブ。
今回気になったのが、タペットカバーのオイル漏れ。
通常ですと合わせ面の漏れが大半ですが、今回はその上
というかイグニッションコイル廻りがオイルで汚れていました。
通常こぼす場所でもないので、インテーク廻りを外してみると


プラグホールがオイルでビショビショの状態でした。
これでも普通に乗っていたようですが、これが進行すると
コイルの破損等に繋がります。
パッキン類を交換し、コイルも清掃、プラグも交換して
始動後問題がなかったことに安心しました。
こういった作業の場合、作業後に不具合がでた場合、お客さんに
説明して納得を得る事が難しい場合があります。
車検に出す前は調子良かったのになんて、、、。
ほんとコイルが無事で何よりでした。

ハイエースオイル漏れ

2RZエンジンのハイエースオイル漏れ修理。
タペットカバーからの漏れでした。
今回の修理に合わせて、プラグ交換、ベルト鳴きのため
ベルト交換を行いました。


このエンジン、ファンベルトの交換が非常に面倒ですね。

プラグ交換の際は、ねじ山に必ず耐熱グリスを塗ります。


これによりねじ山の保護、次回作業時の作業性向上など
塗ると塗らないでは違いがでると思っています。
まー見えない部分ですがね。

新年の始まり


今更ですが、あけましておめでとうございます。
今年も、は、いろいろな事例がお届けできればと思います。
まだまだ勉強が必要ですが、今後もおつきあい頂ければ幸いです。

まだまったりとした状態ですが、エンジンチェック点灯で
幼稚園のお友達家族よりDより安くできますか?
と修理依頼を受けました。
最近増えつつあるO2のヒーター断線です。
どこをリーズナブルにするか?
OEMの部品でも高額な部類になります。
今回の車両は2AZで比較的簡単に交換できるので、
D見積もりより若干ですがお安く作業させて頂きました。
交換後は、作動チェックをして完了です。
今回の事例は今後ますます増えてくるとこでしょう。
チェックランプが点灯するが調子は変わらない。
しかしほっておくと後々第二次的な不具合が出るので
やはり早めの対処がいいでしょう。
この02センサーは非常に重要な役割を担っています。
たかがヒーター断線ですが、早めの対処が後の愛車の
健康を左右すると思います。