フィット ブレーキ修理


今回、二台のフィットが続けて点検で入庫し、仲良くリヤカップシリンダーが錆びついていました。
通常は、ピストンキットでの交換になりますが、部品代が高いのでカップブーツのみを合わせての交換にしました。
初入庫のこの作業は、結構ありますね。
走行距離が少ない場合が多いので、キチンとブーツをめくって点検が必要な箇所です。
スポンサーサイト

ビックリ!



エンジン始動不能でハイゼットの入庫。
火が飛んていないようで、点灯していくと、何かデスビがおかしい。
外してみると、、。
バラバラです。
こんな故障は初めてです。
中古、リビルトを探しましたが、見つからず、高いですが今回は新品での対応になりました。

またまたやってきた

前回ソレノイドバルブを交換したソアラが今度は冷感時エンジン振動で
入庫となりました。
症状確認すると確かに振動というよりも失火している感じです。
ここでオシロを引っ張りだし、2次波形を確認すると3番の波形が
異常でした。
確認のため点検していくとなんと


プラグコードが浮いていました!!
数年前にDにてプラグ、コードともに交換しているという事でしたが
いつからこの状態だったのかは何ともいえませんが、、、。
そして3番のプラグはこんな感じ。


付いていたプラグもはやりのイリジウムのため、白金に交換して
エンジン始動するもやはり3番が異常。
プラグコードを交換すると不具合もなくなり、波形もしっかり出るように
なりました。
今回は冷感時にみで、暖気後は失火の症状は出ていませんでしたが、波形では
ずっと異常な状態でした。
今までこの不具合がでなかった事が信じられません。
こういった修理では、やはりオシロが大活躍ですが、まだまだ使いこなせて
いないので、勉強あるのみですね。

バッテリー交換前に


現在、車検時や預かり期間に余裕がある車両には
cteckにてバッテリーチャージをしています。
バッテリーテスターでの調査はしていませんが
大体の車両で4~5時間の充電時間がかかっています。
これは通常使用で問題なく始動できている場合でも同じです。
この辺りは色々な意見、考えがありますが交換前に一度
試す価値はあるのではと思います。
バッテリーもけして安いものではありませんし、寿命が少しでも
長くできれば廃棄物も減らし、エコにつながるのでは?


それよりも今、頭を悩ます事例にジレンマです。
助けて~!!

残念でした。

業者様より車検不合格でタイロッドエンドブーツの
交換依頼がありました。
問題の箇所はこちら


これでは不合格になってしまいますね。
やっぱり点検は大事です。
この車両、最近アップしたシートベルトの警告灯
修理の車両です。
二度手間にならないためにも事前点検は必須です。

エスティマ点検

ACR30Wのエスティマが点検とブレーキ引きずりで入庫。
ブレーキはフロント右のキャリパーピストンの固着でした。
パットがまだまだ新しいので、交換時にピストンを縮めた事が
きっかけで引きずりを起こしたのでは?


ピストンの抜き取りに苦労したので、写真は交換後のブーツのみに
なってしまいました。
その他にも色々と手を入れるところありで、
エアーエレメントはこんな感じ


プラグも減っていたので交換です。


プラグ交換時は必ずねじ部分に耐熱グリスを塗ります。
ねじ山の保護と次回交換時の作業性にもいいです。
ほかにも依頼事項があり、仕上がりは休みあけ
なんとか今週中にしあげたいです。