クラウンマジェスタの排ガス


車検での入庫ですが、排ガスの数値がいまいちなので点検すると、O2センサーヒーター断線ということでした。
通常はチェックランプが点灯するのですが、何故かたまにこの様なチェックランプが点灯しない車両があります。
ヒーター断線を確認して、センサーを交換後、排ガスの数値をチェックして問題が無いレベルになりました。
スポンサーサイト

ホンダフィット ハブベアリング交換


部品持ち込みで、ハブベアリング、左ドライブシャフトの交換です。
今回も、何時もの如く硬くてなかなか抜けません。
ガンガンにあっためて、やっと外せました。
ベアリングにはABSの関係で向きがあるので注意が必要です。

W210 エバポレーターガス漏れ



とうとう当社にもやって来ましたエバポレーターガス漏れ修理。
分解するのに、神経、時間がかかる大仕事です。
室内バラバラ、ヒーターケース分解して、やっと現れます。
ケース内を清掃して、しっかり真空をかけ、漏れが無い事を確認してガスチャージして完了。
ホッと一安心。

W210 エンジンマウント


引き続き修理が続いています。
振動が酷いというのでエンジンマウントの交換です。
旧マウントは汁が出て、潰れてしまっておりました。
交換後は、しっかり振動を吸収してくれます。
さー、最後は当社初のエアコンガス漏れ修理です。
どこから漏っているでしょう?

W210 オイル漏れ



色々修理で入庫のW210。
まずはオイル漏れから手をつけます。
タペットカバーパッキンとブローバイケースのシーリングにオイルクーラーのパッキン交換です。
今回もすごい漏れでしたがこのあたりの漏れは早めの対応がいいですね。
漏れたオイルがテンショナーをだめにしたりと二時災害を招く事があります。

BMW E46 エアコン修理


コンプレッサーがONしない状態での入庫。
ガスの量をゲージで確認すると問題なし。
色々と調べを進めると、マグネットクラッチの不良と解りました。
マグネットの修理に10日以上かかりましたが、何とか低予算で修理する事が出来ました。

V230 エアサス修理



エア漏れにて入庫ですが、前回車検時にバルブブロックのOリングは交換しているので、べローズのOリングの交換をしました。
リングは硬く、潰れてしまっていました。
交換後、漏れ点検をすると今度はバルブから漏れてしまいガックリ、、、。
再度リングを交換して完了。

エスティマ タイミングベルト



MCR40Wのタイミングベルト交換を行いました。
横置きV型エンジンで非常にやり辛い車種ですね。
今回は、ウォーターポンプ、カム、クランクのシールも交換しました。
今回初出動のカムシールインストーラ。
これが無いと、奥側のシールを入れ込むのは、困難でしょう。

ポロの窓落ち


助手席側の窓が落ちてしまい急遽入庫。
分解すると、レギレーターはバラバラになってしまっていました。
よく壊れる部品ですが、内張りの脱着は神経を使います。
このあと立て続けに壊れない事を祈ります。