ワーゲンポロ レギレーター


助手席のガラスの上がりが悪いと言う事で点検すると、いつものプラスチック部分が破損していました。交換後はスムーズに動くようになりました。今回は運転席のガラスも下がらない状態でしたが、こちらはスイッチの故障でした。スイッチが単体で出るところは経済的ですね。
スポンサーサイト

三菱レグナム ブレーキ修理



リアパットが無くなってローターまで削ってしまいました。見ると問題は、左キャリパーの不良によるひきづり。キャリパーのオーバーホール、ローター研磨、パット交換を行ないました。もう少し早く気付いていれば、という一例です。

Cクラスの車検



車検で入庫のCクラス。
テンショナーショックからの異音とウォーターポンプの異音のため交換です。ウォーターポンプはプーリーの補強板?も剥がれていたので、こちらは熔接で対応しました。交換後は静かなエンジンになりました。しかしこんな事もあるんですね。

車検整備での一コマ






モチロンな事ですが、ブレーキは分解点検し、グリスを給油しますが、たまに今回の様な車両があります。前回の整備時か解りませんがブーツがはまっていなく、錆付いて固着してしまったキャリパーピン。温めて潤滑剤攻撃と時間をかけて外し、錆びとりをしてスムーズに動くようにします。こんな場合もありますのでしっかり点検してもらいましょう。

ステージア タイミングベルト交換


タイミングベルト、ウォーターポンプの交換で入庫。分解前から、オイル漏れが気になっていましたが、案の定カムシールから漏れていたので、クランクシールと合わせて追加で交換しました。今回も、一番の問題は、クランクボルト。今回も、緩めるのに時間が掛かりました。温め、潤滑を繰り返し、やっと緩んだ時は、ホット一安心ですね。
工具か車両どちらが先に壊れるかの一歩手前で緩む瞬間は、正直ビビります。

ホンダ アコードのオイル漏れ



今回のオイル漏れは、スプールバルブからと判明。ここのフィルター付きパッキンの交換をしました。作業後はエンジンルームの洗浄して作業完了。

タイロットエンドブーツ



ドライブシャフトブーツの交換時に発見したエンドブーツ切れ。
今回も手持ちの社外ブーツに交換しました。
ここから水や砂などが入るとエンドそっくりの交換になるので
早めに発見することで、出費が少しでも少なく出来ます。

ジャガーXタイプ




エンジンオイル交換とエンジンチェック点灯、
助手席シートベルトが延びたままということで
入庫していただきました。
シートベルトはピラー内で絡まり引っかかっていただけ
だったので、このねじれをとり、終了。
ピラーカバーがはめ込みなので、外すのには多少の
緊張がありましたけど、、、。
エンジンチェックは簡易テスターで見るとコードのみの表示。
ここで役に立ったのが以前海外から調達した修理書のCD。
この修理書は故障コードの内容も入っているので便利です。
内容はO2センサーヒーターで、こちらは後日の修理となりました。

最近では、修理書を物色しては買ったりして、いざというときに
備えるようにしています。
車種別の診断ソフトも台数が増えれば導入という感じです。
先日もルノーの見積もりに来られたお客さんがいて、
タイミングベルトの交換など相談しましたが、いざ調べると
クランクのギヤはフリーらしく、うかつに外せないということで
急遽、ヘインズの修理書を購入し勉強してますが、依頼がないと
お蔵入りになってしまいます。が、しょうがないですね。

さくら


車検場近くの桜、やっと満開になりました。でも花見にはまだ寒いです。

ニッサンキューブのオイル漏れ


点検で入庫のAZ-10キューブ。
オイルパンからのオイル漏れのためオイルパンを
外しました。
エンジン内は比較的きれいで、ストレーナー、クランクと
いい状態なことからオイル管理がいい車両です。
今回の漏れ箇所は、オイルパンのクランク側とリヤ側の
ゴムシールからの漏れの為こちらを交換し新しくシーリング
しました。
しっかりと乾かして、オイルを入れ、漏れがないことを
確認して作業終了。