車体振動

高速でブレーキペダルを踏むとすごい振動で怖いので
見てほしいということで、試運転してみると
ものすごい振動でハンドル、車体が振れ本当に危険な状態でした。
通常ブレーキローターに歪みが出ると、ペダルに戻されるような
違和感がありますが、今回その症状はなく、車体、ハンドルに
振れがでるという事でしたが、フロントのブレーキローターを
研磨してみました。
当社は外注になってしまいますが、振れの度合い、数値を教えて
もらい、ブレーキ屋の判断では微妙ということでしたが、試運転すると
症状はなくなり、安心してブレーキングできる車に戻りました。

そして二台目、こちらは車検持込時の高速走行でこちらもまったく
同じ症状だった為、フロントローターを追加で行ったところ、
症状は改善しました。
一代目はマジェスタ、二代目はカローラ?だったと思いますが、
今までの台数でいうと、どうもトヨタ車に多い現象に思います。
意外と町乗りでは、症状が出ることが少ないですがちょっとでも
違和感があったら、ローター研磨をお勧めします。

スポンサーサイト

W210 持込修理



レバースイッチ破損、中古部品持込での交換作業を行いました。
交換作業は特に難しい部類ではありませんが、写真の工具を
購入した後から作業がとてもやりやすくなりました。
力もはいるし、フレキシブルなので狭い場所での作業にもいいです。

Cクラス エアコンガス漏れ


冬に一度入庫し、蛍光剤とガスチャージを施した車両が
いよいよエアコン点検修理で入庫しました。
漏れ箇所はコンプレッサーのパイプの付け根部分。
ライトを当てるまでもなく、かなりの漏れがありました。
パイプOリングを交換し、真空引きで漏れをチャックして
問題ないことからガスチャージ。
十分な冷えを取り戻しました。

AMG C43





以前所有のAMG仕様のCクラスを高速での事故によって廃車となり
今回本物のC43を購入し、点検をした結果いくつかの不具合が
あったため、修理をおこないました。
まずはタペットカバーパッキンとブローバイケース。
なぜか左バンクのパッキンにはシール剤が?
分解してみると、ブローバイケースは以前にもシールをした
ことがあるようですが、、、。
現在走行55000キロ、こんなにも早く漏れがきてしまうものでしょうか?
それにしてもブローバイケースのシールを行ったにもかかわらず、タペットカバー
にシール剤とは???ですね。
 
お次は足回りで、ステアリングショックのオイル漏れ、リヤのハブロアジョイント
の交換です。
交換時の写真を撮り忘れましたが、このジョイントは多くの車両でブーツ切れが
ありますが、なかなか交換していただけない箇所でもあります。

エアコンが効かないということで、蛍光剤を投入して点検するとコンプレッサー
からの漏れを確認しましたが、こちらは今後の漏れ具合をみながらということに。

それと今回の車両、私も始めてみた運転席のシートエアシステムの不良。
こちらは簡単な配管の外れによるエア漏れでした。

最後はエンジン異音によるダイナモのベアリング交換と多くの作業を行いました。

ボルボ850のオドメーター




オドメーター不動の850が車検で入庫。
お決まりのギア欠けと決め付け事前に部品も
購入し、メーターを分解しました。
やはりいつもの小さいギアが一山かけている状態でした。
ギアを交換しテストOK。

BMW E30 予防修理



以前、始動不能で点火OKで、燃料ポンプの点検中に、
始動するようになってしまいその後も快調でしたが
出先でまた同じ不具合になると困るということで
ポンプ、フィルター、リレーの交換をしました。
年式もそうですが、距離も10万キロオーバーということと
交換履歴がないため、今回の交換はいいタイミングでしょう。
フィルターから出てくる燃料はやはり汚れていましたが、
タンク内は、錆もなく良い状態でした。
これで安心して遠出もできることでしょう。

出張修理


休み前に依頼があったW140のテンショナー、ベルト交換の為
お客さんの駐車場にて出張作業に行ってきました。

今回、ベルトが外れたいうことで、お客さんと一緒に
確認に行ったところ、テンショナーが破損しベルトも
切れてしまった状態でした。
こうなる前に音がでていたのでは?と思いますが、とりあえず
駐車場でのトラブルでよかったと思いました。
これが走行中だと思うと、、怖いですね。

連休最終日






今回の連休の最終日、以前から行きたかった上野の恐竜展に行ってきました。
当日は、雨という子供連れの外出にはちと厳しい天候でしたが、
連休の締めということで、予定を強行しました。
いざ到着するとやはり連休ということで、沢山の人でなかなかゆっくりとは
行きませんでしたが、それでも迫力ある恐竜に圧倒されました。
子供たちは、音声ガイドを耳に各セクションで真剣に聞き入っている
姿に来て良かったと思う親ばかさんでした。

その後、台東区立下町風俗資料館に行き、昔の日本の生活に触れ、子供たちは
色々な興味があったみたいで、見るだけではなく体験できる事に興奮してました。
やはり観光地、職員のお年寄りも外国の観光の人々に英語で色々と説明して
いるのをみると、ハイカラな町だと再認識しました。
最後は、そば屋で一杯やりながら遅い昼食を取り、家路につきました。

マツダMPV 加速不良




加速時にもたつき吹け上がりも何かおかしいということで入庫。
アイドリングは特に問題がなく、ゆっくりアクセルを開けるときの
吹け上がりも問題なし。
しかし急にアクセルを開けるとき、走行時は追い越しやキックダウンする
ようなときにボッボッボというような感じで点火系統の不良を疑いました。
そこで波形を見てみると、6気筒の内の4気筒に点火要求電圧、スパークライン
が見られませんでした。
プラグコードの不良と判断し、プラグ、プラグコードを交換すると
しっかりとした波形が6気筒すべてに現れ、急加速でもしっかりと
吹け上がるようになりました。

キャンプ二日目



二日目の早朝、みんなが寝ているなか、子供たちの声が響きます。
何でこういうときに限って子供たちは早起きなのでしょう?
前日に仲良くなったお友達と朝の六時過ぎから遊び、私達が起きた頃には
おなかがすいて食べまくりです。
これは自然がもたらす効果なのか、朝、昼、晩とよく食べます。
こういう時こそ、キャンプの醍醐味だと眠いのをよそに
調理をするのがまた楽しかったりしますね。

撤収の後、サイトの川でみんなで川で遊び、その後温泉で疲れを
癒し、近くの川で昼食を兼ねてまたまた川遊びをして
帰路につきました。
今年は、あと何回キャンプにいけるでしょか?