やってきました ドアミラー


今回W210のドアミラーが動かないという車両が入庫しました。
みなさんもご存じの配線の被服はがれによるトラブルです。
ドアミラーを外し、左右配線の処理を行いましたが、今度は
ガラスの動きが、言うことを聞きません。
たまにパワーシートも動かないと言うことなので、ユニットまで
影響が出ていると思われますが、今回の修理はココで終了。
とりあえず折りたためればいいそうです。

スポンサーサイト

ゴルフワゴンの車検



車検での入庫ですがまたもやABSの警告灯が点いてしまい
そちらも修理してほしいということでした。
依頼事項も数点ありましたが、まずは車検の準備で点検の結果は、
ベルト類の交換、ブレーキ関係は今回は問題なし、そして驚いたのは
A/Cフィルターの状態。
何時交換したのかわからないぐらいひどい状態で、まずは回りに溜まった
枯葉のお掃除をして新しいフィルターに交換しました。
ご依頼事項の一つ目、運転席のドアロックが解除できないときがある
ということで、点検するとロックノブは動いていますが、肝心のロックが
解除できないときがあるようで、予算の関係で中古部品にてロックAssyの交換を
してテストの結果きちんとロック解除が出来るようになりました。
そしてもう一点、ABSの方は診断の結果またもやユニットの不良と判断し
分解して半田の修正を行いました。
今回は前回と違い、ポンプの電源のハンダ部分に問題がありましたが
周辺も同時に修正し無事正常になりました。

私のチョコは



今年は、妻が発見し身震いしたという草間 弥生さんの
チョコを頂きました。
それとcoldplayのCD二枚。
マックのCMソングは入っていませんでしたが、最近お気に入りの
アーティストなのでこれを聞きながら一杯やりたいです。

娘のバレンタイン




最近の子供はおませさんで、好きな子にチョコをあげたいと
娘が手作りチョコに挑戦。
3人にあげるということで、一生懸命作っていました。

そして当日の土曜、お友達と待ち合わせてのチョコ配りに
私もつきあって歩き回りました。
午前中の約二時間、気温も高く、へとへとになりました。

1JZ-GEクラウン 続き


エンジンが掛からなくなってしまった原因は?
コンピユーターでなぜかP1349 VVTのタイミングの異常コードが
消せなくなってしまった。
何とかエンジンがかかっていたときには、消去できていたのに
まったく受け付けなくなってしまったのはなぜか。
点検しても納得できる結果は得られませんでしたが、中古部品で
交換してみると今度は始動できないのにP1349の入力はなくなりました。
ここまで基本の圧縮やコンピュータ端子での点検で特に異常はなく
タイミング関係もずれはないようでしたが気になるVVTの作用角の点検の為、タイミング
ベルトを外し点検するもオイルも排出でき特に問題ないようでした。
そこで組み付け後、クランキングするとなんとエンジンがかかるようになってしまいました。
結局始動できなかった原因が何だったのか手ごたえがないまま、
データをいろいろ眺めていると、暖気後の噴射量が4msと多くO2センサーの数値も
変化しないことから追加でO2センサーの交換をすると暖気後の噴射量も2.68msと
さがりました。
ちょっとお恥ずかしい結果になってしまいました。

1JZ-GEクラウン エンジン不調



たまにエンストするということで入庫した30万キロオーバーの
クラウンのタクシー。
特にエンジン不調はないのですが、まずは故障コードのチェック。
故障はO2センサーのヒーター、VVTの異常のコードが入力されていたので
プリントアウト後消去して、再度チェックするとO2センサーだけの入力に
変わりました。
あれこれとデーターを見たりしてセンサーの交換が必要かなと思い後日
また入庫ということでさあ帰るというときに急にエンジン回転が上昇し
不調になったため再度チェックするとまたVVTの異常コードが入力されて
いたため、点検の為そのままお預かりとなりました。
まずは資料集め、タイミング位置の点検。
VVTのつまりを見るためにフィルターの点検をしましたが異常なし。
コントロールバルブの単体点検をしましたが、少し動きが鈍いというか
開きが少ないようなので交換することになりました。
交換後、今度はエンジン始動不能になってしまいました。
古いものに付け替えても変化なし。
ここから苦悩が始まりました。

クラウンのキセノン


JZS171、タクシーのクラウンがたまに片方のライトが
付かないときがあるということでキセノンのコントローラーの
交換をしました。
取り付けは純正の為、ヘッドライトしたに付きますが
配線がライト内の取り回しの為、ある意味強引な作業となりました。
壊れないということかも知れませんが、もう少し簡単にしてほしいものです。

ABSユニット修理



今回、VWポロのATE製ユニットの修理に挑戦してみました。
今回の故障は左フロントスピードセンサーのフォルト。
センサー、配線を調べ問題ないことからユニット修理に
取り掛かりました。
ユニットをあけて調べると問題箇所のハンダにひび割れを
確認し、ついでに怪しいところすべて半田を修正しておきました。
結果は、故障コードも消去でき、試運転のデータもきちんと表示するように
なりました。
(写真は仮に取り付けリフト上でのテストになります)