中古診断機



最近、私の自家用車であるクライスラーボイジャーが
ABSのランプがたまに付くようになり、診断したいと
思っていましたが、今回アメリカより中古のスナップオン
MT2500の購入に踏み切りました。
当社使用のX431ではクライスラーのソフトを購入しても
1997年式のOBD初期物はエンジンしか診断できないようなので
年末から予算内で購入できるものをずっと狙っていました。
一応2000年までのアメ車の診断が可能なようですが
取説も英語なのでその都度、確認していくことでしょう。
とりあえず自分の車につないで見るとエンジン、ミッション、
ABS,ボディにアクセスできるようです。
エアバックも見れたら申し分なかったのですが、、、。
それでもちょっと故障コードを見てみると、ABS,さらにミッションにまで
コードが入っていました。
とりあえず消去して今後の動向を見守りたいと思います。
OBD1の各社カプラーも付属しているので、今後の活躍に期待したいです。

スポンサーサイト

レンジローバー その他




前回の続きになりますが、不具合の多かった今回の車両。
エンジンのほかに触媒からから音で中古部品に交換。
エアコンフィルターの詰まり、スタビリンク、ステアリングセンターロッド?
のガタなど本当に多くの不具合を抱えていました。
ステアリングのロッドはハンドルを切るとすごい音と共にがたがたで
これがもしスタビリンクのように走行中にでも外れてしまっていたらと
思うとぞっとします。
オートマミッションも変速ショックが大きいということで追加でオイル交換を
することとなりました。
今回のオイルはアッシュのATFにオベロンA620を給油しました。
作業前に試運転をしていなかったため、どれほどのショックがあったかは
判りませんが、すべての作業後、試運転するとシフトショックはほとんど
感じることはありませんでした。

今回の車両で、基本的な問題に超大径ホイールという問題がありました。
今回は、純正ホイールでスタッドレスを購入していた為、中古でホイールナットを
購入することで問題はクリアできました。
最近の車検は非常に厳しくなっていますので、ホイールを交換の際には
今まで以上の注意が必要です。
つらいちであわせると車検不適合になる場合が多々あります。

パジェロミニ 車検


特に悪いところはないということでしたが、洗浄場所に移動する為
エンジン始動すると、マフラーから排気漏れの音。
その他、タペットカバーからのオイル漏れと何点か修理が必要な
場所がありました。
マフラーはフロントパイプのあみあみの部分からの漏れでした。
95000キロでしたので、タイミングベルトも気になりますが
今回は、修理箇所も多かった為、今後10万キロで交換するよう
お伝えして、納車となりました。

BZ11キューブ エンジン焼きつき



年明け早々にレッカーにて入庫していたキューブの
エンジン乗せ換えが先週やっと無事に作業が完了しました。
なかなかリフトが空かなく、手付かずになっていました。
今回、焼きつきなのでクランクが回らないため、エンジン、
ミッションを同時に降ろし、エンジン下部をばらし
クランクをまわせるようにしてからの作業になりました。
今回は、オイルランプが点灯したのにそのまま走行し
焼きつきに至ったようですが、日ごろの点検、ちょっとした
ことで防げたのではないでしょうか。
オイル漏れはありませんでしたので、自然に減っていったのだと
思われます。
最近のオイル(低粘度)は、消費量も多いと思いますのでたまに
チェックしてくださいと伝言し納車しました。

ホンダ バモスバン



タイミングベルト交換で入庫。
今回はウォーターポンプもセットで交換しました。
分解するとクランクシールからオイルが漏れていたので
こちらも交換。
このエンジンは、タイミングケースを外す為、タペットカバーも
捲るのでこちらもプラグシールと共に交換しました。
ちょうどオイル漏れもしていたので、良いタイミングでした。
外したタペットカバーは結構な汚れでしたが、それに反して
エンジン側はきれいでした。
だいたい軽自動車の場合、カムシャフト側もひどい有様になっている
車両が多いのですが、今回の車両はオイル管理はいいほうでは。
無事に作業を終え、クーラントのエア抜きも完了し納車しました。

レンジローバー 車検



現在作業中のレンジローバー。
見積もりをするために点検を進めていくとインマニからの
水漏れを発見。
その他下回りのステアリングリンクのガタや作業内容はかなり多い状態です。
最近購入したようですが、車両の傷みはひどいです。
今回の水漏れもエンジン後部の漏れでなかなか判りにくいです。
以前からじわじわと漏っていたようで、ねじ部分にも影響が出ていた為
タップを購入してねじ山もきれいにしてと地道な作業が続いています。
結構な金額で購入したようですが、中古車選びは見た目で決めてしまうと
後のメンテナンスにかなりの金額が必要になってしまいますので、
しっかりとしたお店選びがまずは必要ですね。

ベンツ190


異音修理とエアコンガス漏れの修理依頼。
異音は左前からのゴトゴト音ということでしたが
ショックのアッパーマウントにヒビが入り、
危険な状態でしたので、今回は左右アッパーマウント、バンプラバー
保護ブーツの交換をしました。
エアコンガス漏れは低圧のバルブからの漏れでしたので、虫を交換後
真空引き、漏れ点検をしてガスチャージ後もさらに漏れ点検して完了。

週末は誕生会






まず土曜日の夜、妻の友人の誕生会を我が家で開催しました。
みんな久しぶりと言うこともあり、飲みながら色々な話に
盛り上がっていて、子供たちはちょっぴり不満そうでしたが
今日は、誕生会ということでがまんして頂きました。

夜が明け、日曜日は娘が友達を招待しての誕生会。
みんなから沢山のプレゼントを貰い、ゲームをしたりと
楽しい会になりました。
今回もメインイベントはピニャータ。
前回、頑丈に作りすぎたので今回は貼り付けの回数を減らしましたが
逆に早々と割れてしまい、なかなか厚みの調整は難しいですね。
それでもこぼれ落ちる、おかしやおもちゃ、小さいシールなど
みんなで楽しそうに拾い集めていました。
子供が集まるとやっぱりこのピニャータは盛り上がります。

ゴルフⅢ タイミングベルト




年末点検時にタイミングベルトその他交換必要部品を
お伝えしていたゴルフが部品持込で年明け早々入庫しました。
今回はタイミングベルトに加えてウォーターポンプの交換も
行いました。
今回の修理でサーモハウジングからの若干の水漏れがあったので
こちらも追加で作業を行いました。
外してみると以前応急処置をしたのかどうかわかりませんが
Oリングがなく、シール剤で取り付けたようです。
たかがOリングですが非常に重要な役目をしますので
安易に取り外すのはどうですかね?

w124ワゴン 水漏れ




年が明け、例年どうり月初の暇を予想しておりましたが、今年は年明けから
なぜか外車の入庫が多く幸先のよいスタートが切れております。
最近は、ネット検索やこのブログを見ていただいたお客さまが
おおく、感謝しております。

そこで入庫した今回のW124、最初来店時はベルト交換の依頼でしたが、
お客様と話しているうちに最近水が減るということで、
ちょっと覗いてみるとアンダーカバーにもれた後が、、、。
急遽、入庫日を決めベルト、ウォーターポンプの交換になりました。
アンダーカバーを外すと、オイルパンにもれたクーラントが付着しておりました。
ポンプにはなにやら怪しい交換済みの書き込みがありましたが???
交換後はエア抜きをし、漏れがないことを確認して作業は終了。