アトピー悪化

最近、じめじめ蒸し暑いせいか娘のアトピーが悪化しております。
肺炎で入院し、その後水疱瘡になってしまったせいもあり、お肌は
荒れ放題になっています。
もうステロイドを使っても収まらず、ここ数日は夜中にあまりの
かゆさにうなされるような状態です。
ルボスティーに塩素除去シャワーヘッドと試してはいますがなかなか
うまくはいきません。
いろいろネットで情報をと思ってはみても、色々なものが溢れ、
あやしい物もあり、これというものはありません。
かゆいのを我慢しろとついつい言ってしまいますが、それは無理と
言うことは十分解っています。
とりあえずこの梅雨をなんとか乗り越えればと思う今日この頃です。

スポンサーサイト

ゴルフワゴン 点検修理




運転席P/Wの故障と12ヶ月点検での入庫。
P/Wはガラスがしまった状態で動かない為、
取り外しにはモーターを外しての作業になり、
小さい開口部より手をいれ何とかモーターを先に
外してレギレーターを外すことが出来ました。
今回は、レギレーターは異常なし、モーターを
分解して、清掃と磨きを施して無事修理完了。
点検では、タペトカバーのオイル漏れ、
ステアリングラックブーツ切れ、フロントパットの
交換です。
ローターについては予算上、今回は見送りになりました。
今後はタイミングベルト、冷却関係の修理が必要なことを
説明して納車になりました。
今回のお客様はなんと奥様が私の中学時代の同級生だったのです。
納車時に、奥様と一緒に来られた為、ビックリしました。
ネットで当社を見てのご来店でしたが、こんな偶然があるなんて
本当に驚きです。

クラウン エアサス修理


MS137クラウンが、右フロントのエアサスパンクでレッカー入庫。
予算の事もあり今回は中古部品にて対応。
サスペンション交換後、今度はポンプが回りません。
デーラーさんに資料を頂いて、ダイアグのチェックと消去をしてみると
正常にポンプが作動し、車高も上がりました。
エアサスがパンクしたために、コンピューターが制御をとめていたようです。

今週末は、、、。



今週末は忙しく、土曜日は息子の運動会、日曜は友人の結婚式と
予定が詰まってました。
息子は、運動会におおはしゃぎで、かけっこも上手にできました。
でもまだまだちびっ子なので後半は飽きてしまった様です。
日曜は、妻の友人の結婚式。
子供たちを、友人のシッターに御願いして銀座まで、、、。
妻とその友人とで進行してのレストランウエディング。
当然ビンゴがありましたが私はくじ運がないせいいか全くダメ。
でもパーティーは楽しい時間でした。
お祝い事は良いですね。
とても暖かい気持ちになりました。

ゴルフワゴン エアコン修理




エアコンが効かないということで入庫。
ガスの量は十分ですが、循環していないようなので
エキパン、レシーバーの交換になりました。
がしかし、交換後まだガスの循環が悪いようでコンプレッサーの
交換まで行いました。
以前から、フォルクスワーゲンは詰まり現象かと思うと、コンプレッサーの
不良が多いことを思い出しました。
交換後はしっかりと真空引きしてガス漏れが無いことを確認しガス充填。
しっかりと冷え、快適になりました。

ベンツ V230修理



エアバックのスパイラルケーブル?破損での入庫。
見事に粉々に壊れていました。
ついでにコラムスイッチまでも破損。
コラムスイッチは中古品を、すべての部品を組み付け後
今度は悩みのSRSランプ。
Vクラスは診断できない為ディーラーさんに行かなければ行けません。
でもいちいち持ち込んで待たされることを考えると億劫だったので、
協議の結果、今回ソフト購入を決断しました。
今回の車両はOBD端子ですので見れる項目も多いということで
購入後急いで診断開始。
しかし残念ながらなぜかABの項目だけ故障コード読み取り、消去が
出来ません。 ユニットの情報は読めるのに、、、。
もしかして、ユニットまでもダメですか??
結果、お客さんにディーラーさんで診断を受けていただくことになり
非常に残念です。しかも問題なく故障コードがクリアできたそうです。
せっかく購入したのになんとも使えない結果となってしまいました。
(Vクラスの入庫は非常に少ないのに、、、トホホ。)

父の日


子供たちから手作りのプレゼント。
娘は小物入れ??のようなもので、息子は写真入りのビニールコップ。
大変良く出来ています。
娘はちらし寿司もつくってくれましたが、写真を撮るまもなく妻の胃袋行き。
何も知らない妻は、夜ご飯と思い食べてしまいました。
残念。

ニッサン パオ車検



車検でパオが入庫。 預かっての第一印象がエンジンがかなり不調。
リフトに移動後、まずはキャブレターのお掃除とプラグのチェック。
プラグは真っ黒、デスキャップの減りもひどいので点火系統の部品は
総取替で、あとはキャブレターが掃除で調子よくなるか??
良そうに反して、やはりキャブレターはスロー系統が詰まっているようなので
O/Hすることにしました。
分解してみると、スロー系統はカーボンで詰まり、ジェット等を外して
ひたすら清掃。
組み付け後一回目、調子が良くなりましたがしばらくするとスローが効かなくなって
しまい二度目の分解。
念入りに清掃して組み付け後、絶好調になりました。
排ガスもきっちり基準値になり、アイドリングも安定しすごく調子が良くなりました。
車検、点検時にはキャブレター、スロットルボディの清掃は必須です。
調子が悪いと思ったら、点検してもらいましょう。

アウディ80 パワステ修理



パワステポンプのオイル漏れでの入庫。
このタイプは、O/Hシールキットが出ている為今回はO/H
することになりました。
ポンプを分解していくと、シャフト部分にベアリングを使っていませんでした。
よーくシャフトを見てみると、ガイドのようなもの?がシャフトに焼きついています。
中古部品はなく、交換するにはリビルト品になってしまい、
予算的に厳しいということで、何とか外して磨き動きを確認して今後
異音やオイル漏れがしたときは交換しかないことを伝えて修理を終えました。
このシャフト部分にはオイルが回るようになっていますが、焼きついてしまう場合が
多いのではと思います。

レア物ですね



先日、オーバーヒートぎみということで、ふるーいマークⅡ
が入庫しました。 昭和50年登録。M型エンジン。
私は、触るのも見るのもはじめてでした。
今回、ウォーターポンプがガタガタでそれに合わせてサーモスタットの
交換をしました。
ファンカップリングは特に問題ないようでったので、これで様子を見てもらうことに。
されにしてもよく部品がありました。社外のアイシン製ですがあるところにはありますね。
このオーナー、以前も古いローレルを車検で持ち込んだことがあります。
旧車好きなんですね。
一体どこで見つけたんでしょう?車体はとても程度がよく、塗装の状態も良かったです。