ディスカバリー続き



パワステのオイル漏れの修理も追加で依頼され、
やっと部品が入り交換しました。
パワステのホース全部不良でかしめ部分から漏れていました。
ホースもかちかちになっており、バンドの効果もゼロ。
交換はパイプの取回しが、知恵の輪状態で苦戦しましたが
無事に交換できました。
まだ、オイル漏れの箇所がありますし、エンジンもたまに不調に
なるということで、今後も見守っていきたいです。

スポンサーサイト

V280その後

以前インジェクターの波形が出ていなかった車両ですが
その後、ヤナセに相談したところエンジンの調子が
悪すぎる為、テスターにかけても診断できないので
不良インジェクターを取り替えてみてくださいと
言われたらしくとりあえず交換したそうです。
すると直ってしまったそうです。
なんで?
インジェクター本体の不良でも波形が出なくなってしまうのでしょうか?
それとも私が診断する配線を間違えていたのか?
テスターで診断できないものか?
インジェクターのアクティブテストはできないのか?
色々な疑問がありますが、最後まで修理に加わっていなかったので
なんともいえない気持ちです。
以前BMWで波形が観測できずユニット交換をした例があったので
私も簡単に判断しすぎたのかも知れません。
故障診断は難しいです。

HAPPY BIRTHDAY


昨日、2月22日妻の誕生日でした。
ささやかですが、ケーキとシャンパン(といってもハーフボトル)を用意して
娘とクラッカーでお出迎え。
ケーキを見て娘が寂しそうにいいました。
私の食べれるケーキは?
アレルギっ子の娘は市販のケーキは食べれません。
今度またおいしいチョコレートケーキを作ることを約束しました。
夜、ゆっくりケーキでもと思っていたのに、仕事の疲れか、はたまた
前日の飲みすぎか妻は子供と一緒に夢の世界へ、、、、。
おいおい、頼むよ!
でもまだプレゼントは用意できていないのでした。 
 すいません。

ディスカバリー修理



オークションにて購入後の不具合修理での入庫。
まずオートアンテナがフェンダー内に落ちているので
その付け直しから。
アンテナはフェンダー内でロッドも抜けており完全に脱落していましたが
必要部品が残っていたので分解組付けを行いました。
完全に分解しロッドの取り付け、接点の調整をして作動確認し
再度車体に取り付けました。
次にオートクルーズが作動しないというので点検すると
バキュームホースが割れてしまいすべての箇所で外れてしまっていました。
交換にあたり、ウォッシャータンク、エアクリーナーケース、オートクルーズポンプ
などを外し、バキュームホースの交換をしました。
高速試運転にて作動を確認してOK。
オイル漏れも数箇所あり、現在相談中。
かなり安く購入したようなので、今後のトラブルが気になります。

スズキアルト 修理



エンジン回転が下がらないということで入庫。
キャブレター周りを点検すると、チョークが戻っていないよう。
冷却水を見ると水がまったく入っていないので、とりあえず給水すると
水がジャジャ漏れの状態。
エンジンの冷却パイプから漏れていました。このパイプの交換は
非常にやりづらく、キャブレター、インマニを外しての作業になりました。
冷却ホース類も交換し修理完了しました。
高齢の女性が運転しているのですが、月に二度程度しか車を使うことが無く
なかなかガソリンスタンドにもいかないので、今回の故障に気がつくのが
遅れてしまったようです。
エンジンが無事でなによりでした。

オイル漏れ修理




パット交換とオイル漏れで入庫。
オイル漏れはデスビOリングとオイルポンプシールから
漏れていました。
3Sエンジンにお乗りの方はタイミングベルト交換の際、
このオイルポンプのシールを変えたほうが良いでしょう。
オイルポンプケースとの間にゴムのシールを使っていますが
熱によりカチカチになってしまいます。
今回もほとんどシールの役目が無く、パキパキに折れてしまいました。

97年 ムスタング



スピードメーター不動にて入庫。
この車かなり車高が低い為、家のリフトでは上げることが出来ない、
ジャッキも入らないのでタイヤ下に板を置いて何とか前だけ上げての
作業になってしまいました。
点検すると、スピードセンサの配線の被服が溶け、ショートしていました。
センサのほうも反応なし。
部品をオーダーして、配線の修理。
配線の断線をチェックして異常がないのでコネクターを外して
熱収縮チューブにて処理をしました。
エンジンチェックランプの点灯はスピードセンサの異常が入力されている為に
転倒していたようです。
配線の状態からセンサ以外の二次的故障も考えましたが、とりあえず
センサーを交換し、故障コードを消去して試運転。
バッチリ直りました。
確かにマフラーの上に配線がきてますが、被服が解けるほど近くは無いので
どうしてこうなったのかはなぞです。

バレンタイン


昨夜、妻からチョコとCDをいただきました。
チョコを食べながら早速ステレオON。
いいですね~。

ボイジャー故障



朝、自家用車のエンジンをかけようと車に乗り込むと
助手席の窓ガラスが十センチ開いているではないか。
閉め忘れたか?と思ってスイッチを入れると「ウィーン!」
ガラスを触ると上下に自由自在。
あ~ショック、レギレーターが逝ってしまった。
とりあえずガラスが完全に落ちなかったことに感謝して
早速分解開始。
分解に少々手間取りましたが、破損箇所のチェックをすると
ワイヤー止め部分が破損しておりました。

タクシー修理



今回は古いセドリック、RB20エンジンLPGのタペット交換を
しました。
最近は皆さんガソリンに移行しているので、個人タクシーで
LPGの車も減ってきました。
今回はアイドリングでは気になりませんが、エンジン回転があがると
タペット音がするため、一台分(全数)交換になりました。
合わせてロッカーアーム、シャフトとすべて新品に交換です。
まめにオイル交換をしている車両ですが、さすがに20万を越えると
へたってきますね。