あの子いるかな?


娘の通園の途中に発見した子供。
信号脇の小屋の中から何時もこちらを見ています。
最初はビックリしていた娘も最近では、いるかな?
なんて楽しそうにしています。
なにやら名前まで決まっているようです。
皆さんの周りにもこんな光景ありますか?

スポンサーサイト

今度はダイハツ



ここのところ軽自動車のタイミングベルト交換が続いています。
今回もウォーターポンプの交換とセットでの作業になりました。
この車両はすでに漏れ始めていましたので今回がベストなタイミングだったでしょう。
ウォーターポンプのケースがサーモスタットのハウジングとOリングのみで繋がっているので
漏れてなくてもやはり交換するのがいいでしょう。
10万選手はしっかりと予防も含めて修理したいですね。

ベンツ V280修理


V280が業者さんから、点検を頼まれました。
インジェクターが一本作動していないようです。
このエンジン、インジェクターの単体点検をするのに
かなりの脱着が伴う為、電源、波形でまずはチェックして
インジェクター本体か、信号の不具合なのかを先に
調べる必要があります。
コンピュータにて、波形が出ているか点検すると
5番インジェクターの波形が出ていません。
これはコンピュータの故障が考えられます。
其のことをお伝えして今回の診断は終了しました。
後日、その後の修理についてはわかり次第お伝えしたいと
思います。
正常であれば写真のような波形が出てきます。

ホンダアクティーバン修理




オークションで購入後、点検、タイミングベルト、オーバーヒートすると
言うことで入庫。
タイミングベルトを交換するため、ヘッドカバーを外してみると
見るも無残、、、オイル交換をしていない典型的なカーボンヘドロまみれ。
以前もこの様な状態の車が後にエンジン焼きつきに至った事がありました。
今回も予算等の都合で、ヘッドカバーはきれいに出来ますが、ヘッド、
バルブやカムシャフト周りはヘドロが落ちると大変なので表面だけの掃除に
なりました。
オーバーヒートはサーモスタットの不良で交換。
一番厄介なのが、デフサイドシールのオイル漏れ。
ホーシングを降ろして、片側ずつやらなければいけないので本当にやりづらいです。
ホンダ車は整備性がわるいですね~。
オイル交換はこまめにやりましょう。ここまでになってしまうときれいにするには
O/Hしかありませんからね。
よくオイル交換の必要性についていろいろな意見があると思いますが、、、
しか~し、やっぱり定期的に交換することが一番ですよ。

スポーツ観戦




日曜日、友人のお誘いで有明コロシアムにバスケットの観戦に
行ってきました。
現地で初めて知りましたが、このバスケットリーグ(プロフェッショナル)
が発足してから2年だそうです。
私自身があまりバスケットはあまりよく知らないのでこの様なリーグがあることを
知りませんでした。
色々なスポーツがプロとしてスタートしていきますが、観客の獲得には大変なようです。
実際今回の試合も観客は少ないようでしたが、其の中でもサポーターがおり
応援している姿をみると、なんだかうれしくなってしまいました。
チーム、サポーターのがんばりでこのリーグが盛り上がっていくことを期待します。
今回電車で観戦に出かけましたが、初のユリカモメに子供たちは興奮していました。
私自身も周りの景観に驚きました。
知らないうちに開発がどんどん進んでいるのですね。
早いことにもうオリンピックの選手村の予定地の看板が出ていたのでびっくり。
東京オリンピックが実現するといいですね。

スウェーデンのお菓子





先週の20日、娘の誕生日でした。
早いものでもう5歳になりました。
食物アレルギーについては、前進せずいまだに食べれないものが
多いです。
其の中でケーキ。毎回このケーキについては色々と妻が苦労して
手作りしていますが、今回妻がIKEAにて、スウェーデンのお菓子の
なかからケーキに使える生地を見つけてきました。
これに豆乳ホイップでクリームを作り、すごくおいしいケーキが出来ました。
今回は、知り合いにもお願いしてポケモンのお飾りも譲ってもらい
娘も大喜び!!
次の日の朝もケーキを食べていました。
ケーキ作りで大変なのがスポンジで卵が使えないと膨らまないしおいしくない。
ネットなどでアレルギー用のケーキを頼んでみてもいまいち娘のお口に合いません
でしたが、今回は大満足だったようです。
もっと手軽にこの様な商品が手に入るとアレルギっ子も安心だと思います。
いつも手作りでがんばっている妻に感謝です。

プログレ修理



トヨタプログレがふけないということで入庫。
チェックランプは点灯していませんが、まずはダイアグチェック。
やっぱり何も記憶されていません。
アイドリングは安定していますが、急加速の状態でふけ上がりが
悪いのでだいたいこの様な場合はエアフロの不具合が多いです。
テスターで確認すると若干反応が悪いようです。
そこで以前交換した同型車のエアフロがあったので付け替えてみると
症状はなおり、ふけあがりも良くなりました。
新品部品に交換してスロットルボディーも清掃して作業完了。
センサーなどの微妙な故障具合の診断は非常に難しいです。
今回のようにテスト用の部品があると最終決断が出しやすいですね。

アウディー80 ショック交換




持込にて、モンローのショックに交換。
フロントのショックは、カートリッジなので分解して
中身のみの交換です。
フロントショックを分解するのナットが特殊なので
それにあった工具がないと分解できません。
いつも思いますが、どうしてこんな作りにするのか?
簡単に普通のナットでいいものを、、、。
ショック交換に合わせてブッシュ等も交換します。
フロントはベアリングも使っているので、この機会に
交換するのがベストでしょう。
外したベアリングも案の定ゴリゴリでした。

CAMPER 破損そして、、、



昨年暮れ、長年愛用していたカンペールの靴がありえない
破損によりガックリ。
とても軽くて歩きやすく、デザインも気に入っていたのに、、、。
こんな壊れ方をするカンペールなど二度と買うものかと
心に決め、でも捨てきれずに下駄箱に置きっぱなし。
そして先週、妻からの突然のプレゼント。
なんとそれはカンペールではありませんか。
早速家の中を履いて歩いてみると、やはり歩きやすい!!
やっぱりカンペール、いいですね。

アウディー80



ステアリングラックブーツの交換。
エンジンルーム上からのアクセスになるので何ともやりづらいです。
このほかにショックの持込での交換もありますので、それはまた後日。