あれ?


年明けを待たず、全滅!

スポンサーサイト

みかんと有頂天ホテル


今夜はこれ!真剣です。

仕事納め

本日、今年最後の仕事はお掃除です。
工場内、事務所の大掃除。
今週はこれといった大きな修理はありませんでしたが
細かい修理がありました。

其の1、ホンダの軽トラが水温が上がらないということで、
サーモスタットの点検をしてみると、付いていませんでした。
どういう経緯でサーモを外したかは判りませんが、
きちんとした修理をして頂きたいですね。

其の2、クラウンが走行中の異音で入庫。
点検すると左フロントのハブベアリングからの音でした。

その他修理も無事年内に終えることが出来、よかったです。
年明けまで預かりの修理車両がありますと、休み中も気になって
リフレッシュできませんからね。

 

タイミングベルト切れ




トヨタカルディナがタイミングベルト切れで入庫。
原因はウォーターポンプの水漏れから始まり、ポンプに
ガタが出てきて、ロックしてしまいタイミングベルトのこまが飛んでしまいました。
ポンプケースを削るくらいガタが有ったようで、
クランクセンサーに削りかすが大量に付着しております。
幸い今回のエンジンはバルブが突かないので、ポンプ、ベルトの
交換ですみました。
かなりの音が出ていたと予想できますので、やはり無理をしないことですね。
これでバルブを突いてしまうと、高額修理に発展してしまいます。

BMW E39 風がでない



E39がブロアから風が出ないので見てほしいということで、
レジスターを点検。
BMWではファイナルステージというのですが、電源はOK。
ユニットからの風量調節もOK。
ほぼ間違いないけど、最後にブロアモーターを直接駆動して作動を
確認し、ファイナルステージを交換しました。
交換するには、えび状態になるので軽く準備運動してからの作業。
年の終わりに怪我などしたくないからね。

ニッサン プレーリー エンスト修理


たまにエンストするので、見てほしいと入庫。
なかなか症状が出ない為、配線をゆすったりしていると
スロットルセンサーの配線をゆすると、アイドリングが不安定になり
結構強めにゆするとエンストした。
コネクターの配線を見ても断線しているようには見えず、
一本ずつ引っ張るとアース線が抜けてしまった。
コネクターから、ピンを外してハンダ付けで修理完了。
配線関係の不具合は、見た目ではなかなかわからないので
この様に引っ張ったり、ゆすったりしたときに変化するかが診断のポイント!!

トヨタ センチュリー



センチュリーが中古新規で入庫。
かなり威圧される風貌とボディーサイズ。
整備については、ブレーキパット、ベルトなど消耗品の
交換を終えあとは書類が揃うのを待つばかり。
当工場のような省スペースでは、早く納車をしたいところ。
ここからは、社長談。
そしていざ車検場に向かおうとした、その朝、出発前に下回りを覗き込むと
オイルが、、、、垂れる?
アンダーカバーを外し、確認するとパワステのオイルが漏れている。
高圧ホースのジョイント部分からポタポタ。
応急処置を試みるもそこは高圧ホース。
漏れを止めるに至らず。
車検はキャンセルし、部品待ちへ。
交換には知恵の輪をするように、頭と手をフル回転。
無事に交換を終え、ナンバーも付き納車できました。
出発前に不具合が発生し、結果的には良かったですが、
ちょっとガックリきてしまいます。

V70 異音



またまたV70の追加の修理です。
一通り不具合箇所の修理が終わりましたが、
足回りからの異音がどうしても気になるということで
フロントのストラットシート?(正式名称わからず)の交換をしました。
車上でも確認済みでしたが、分解すると完全に抜けてしまっています。
今回、部品は持ち込みに。
交換後は異音、乗り心地もよくなりこれで一通りの修理が終了しました。
中古で購入して1年以内でしたが、故障が重なってしまいましたね。
中古車選びは非常に難しいと改めて思いました。

Merry Christmas


家族、恋人、友人。
皆さんのクリスマスが楽しい時でありますように。

ボルボ850 タイミングベルト交換


850がタイミングベルト交換で入庫。
10万キロを超え、ベルトも固くなっており危険な状態でした。
切れてしまうと、バルブを突いてしまいシリンダーヘッドO/H
になってしまうので、年式、走行距離で早めの交換をお勧めします。