V70 チェックランプ点灯、エンジン異音修理

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

エンジンチェックランプ点灯で入庫。
その他異音がするということで、まずは異音の確認。
音はベルトテンショナーから出ているようで、確認の為
ベルトを外してプーリーを回すと「ゴロゴロゴロ」
プーリーベアリングからの異音と判明し部品発注。
その他右前から段差などでコトコトと音がすることがあるようなので下回りの点検。
こちらは見てビックリ!!右エンジンマウントが見事に破損。
写真にありますが、右の新品と比べるまでも無く、ゴム部分が砕け散っておりました。
部品待ちの間、チェックランプの原因を調べるべくテスター接続。
ボルボは専用ソフトをまだ入れていないので、OBDⅡにて故障コードを確認。
水温センサの異常が入っていましたが、コード消去後再度入力されることが無く
センサーの単体点検も問題ないので、様子を見てもらう事になりました。
その他の不具合は、オイルクーラーのホースよりオイル漏れがしており
パイプ部分も腐食の為やせてしまっているのでこちらも交換になりました。

スポンサーサイト

W210 ウインドウレギュレーター交換



定番のレギレータ交換。
今回は左リヤのワイヤーが切れ、モーターは外された状態でした。
レギュレーターはリベット止めになるので少々手間がかかります。
そこで今回新調したリベッターの登場!
この商品は口先を変えるとリベッター、ナッターと二通りの使用が
可能なのと頭が360度回転する優れもの。
頭の角度を変えて力が入れやすい位置にすることが出来ます。
値段も手ごろでいい商品です。

またまたIKEA

先日またIKEAに買い物に行ってきました。
たいしたものは買いませんでしたが、我が家のCDたちがあちこちに
点在していた為、CDラックを購入しました。
家に帰りさっそく片付け!と思い箱から商品を出してみると
あれれ???側面の板が右側2枚?これでは組み立ては出来ません。
次の日、電話をしてみると商品を持って交換に来てくれと言われ
渋々行って参りました。
無事、左側の側面の板をゲットし、いざ組み立て!!が今度は説明書がない!!!
まー簡単な作りなので無事組み立て終了し、CDの整理が出来ました。
が、納得できないのが○○○○の対応。
商品を返品しまた自分で商品を探して購入するか、ダメな部品だけ交換するか。
事前に商品を用意しておくことは出来ませんの一点張り。
マニュアルも大事でしょうが、もう少しなんとかならないのでしょうか?
(結構カスタマーセンターに人が来ていました。)
余談ですが、妻は電話でキレていました。

日産 マーチ修理

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

メーター内の警告ランプがたまに付いてしまうということで入庫。
預かってから、なかなか症状が出ずしばらくエンジンをかけておき
たまに電気負荷をかけたりしていると、時々発電量が落ちてしまっていました。
そのときに警告ランプが点灯。
オルタネータのリビルト部品にて交換、修理完了しました。

ランドローバー ディスカバリー

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

助手席のガラスを上下するとガキン!と音がすると言うことで、まずは内張りをはがし
レギレーターの動きをチェックすると、スライドするプラスチックのローラーの破損により
音が出ていたことが判明。 レギレーターの交換になりました。
合わせて部品の持込によるフロントブレーキパット、ローターの交換、預かり中に亀裂を
発見したファンベルトの交換を行いました。
ローター交換に関しては、ハブを外しての作業になりますのでグリスの入れ替えも行いました。
ハブに関しては、不具合がないとなかなか分解することが少ない為、今回の車両もグリスが
トロトロになっていて良い状態ではありませんでした。
今回の作業ではブレーキキャリパーも脱着する為、エア抜きも必要です。
しかしこの手の四駆の作業は、大変ですね。

BMW M3



BMW M3が異音、ハンドルが取られるということで入庫。
リフトアップして点検すると、左のハブにガタがありました。
ハブキャップを外してみると、錆がひどい状態でした。
部品持込による修理になりました。
前回交換から2万キロ程度ということでしたが、考えるにハブキャップの
再使用による水の入り込みによって錆が生じてベアリングがダメになったと思われます。
写真に写っているサビサビの部品がキャップの裏側になります。

キャラ弁?挑戦!!



今日は娘の遠足があり妻が朝早くからなにやら一生懸命作っています。
そーと覗いて見てみると、そこにはピングーがいました。
そうです、お弁当のごはんがピングーになっていました。
この様なお弁当をキャラ弁と言うそうで、流行っている?そうです。
そこで私も挑戦!!
息子もお弁当を持って保育園に行くので、海苔で息子が好きな車を作ってみました。
お弁当の時間のリアクションが楽しみ、というか見てみたいですね。

クラウン ショック交換

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

GS171、個人タクシーのお客様のショック交換をしました。
何も考えずにリヤシートを外してみると、ない、、、。
ショックを固定している3個のナットが見当たりません。
急いでトランク内のカバーを外すと無事見つかりました。
この前のタイプですと、リヤシートを外しての作業になる為確認せずに
作業してしまい大失敗。
やはり事前にチェックしないといけませんね。
しかも今回の車両はリヤのアッパーアーム等の切り離しが必要でした。

思わぬ事故


また三茶ネタですが、三茶ではレンタサイクルがあります。
そこでママチャリを借り、世田谷公園に遊びに行ったときの事。
私が息子、妻が娘を乗せいざ出発!!
友人たちとの待ち合わせの間、公園内をサイクリング!!
しかしその日は、前日に雨が降ったせいで路面はウエット。
公園内のちょっとした坂道を下っているとき、後ろから「やっ!!!」
という声と共にガチャガチャっと言う音、そう妻が転倒してしまいました。
娘の無事を確認し「君は大丈夫?」と問いかけるとどーもどこかが痛いと
手をみると、あ~指がー!!!
そう指先が変な方を向いているではありませんか。
友人に連絡し、すぐさま隣の病院に直行!!!
折れていると思われた指は脱臼ですみました。
皆さんも運転にはくれぐれも注意を!!

ドライブシャフト破損



左外側のドライブシャフトベアリングの破損により走行不能。
引き取り後修理しました。
破損部分をよく見ると、明らかに焼きつき。
そして驚いたことに、グリースがほとんど、いやまったくと言っていいほど
ありませんでした。
シャフトブーツは以前交換しており(割れるタイプ)記録簿も残っていました。
考えられるのは、ブーツ交換時、清掃後グリースの充填を忘れてしまったとしか考えられません。
う~ん。アンビリーバブル!!!
この状態で今まで何でも無かったのが奇跡でしょう。