FC2ブログ

ローバーミニ ブレーキ修理

点検で入庫のローバーミニ。
リヤブレーキが全く効いていない状態。
右はオイル漏れと固着


左は錆つきで固着


新品のシリンダーは分解してグリスを


エア抜きの段階でまたもやオイルが出てこない、、。
調べるとコントロールバルブでの詰まり。






色々外して交換。
これでもコンデンサーが邪魔で狭いです。
交換後はしっかりとエア抜きして完了。
新旧のミニ。
どちらも年間の走行距離が非常に少ない車両でしたが連チャンでの詰まりなんて中々ないですね。
スポンサーサイト



BMW Mini ブレーキ修理

業者さんより車検前整備の依頼。
一通りに整備を終え、ブレーキオイルの交換の時に問題発生。
左リヤからオイルが出てきません。
ブレーキを踏んでもロックしない、つまりブレーキが効かない状態です。


ローターの錆は気にはなっていましたが、、。
配管のジョイント部を緩めながらどこで詰まっているか探って行くとABSのユニットから全くオイルが出ないことからユニットの油圧部分の不良となります。


新品は当然ながら高額でこの油圧部分だけの供給が無いので中古使用の選択になりますがここがパカっと割れるのか、ユニットごと中古に交換となるとコーディングなど必要な事から今回もギャロップ藤村氏にご相談。
色々とお話しする中で2分割出来るので油圧部分だけのニコイチで行けそうと言うことで中古を購入。


これをニコイチに


不良部品はバキュームで吸ってもエアを通しても復旧しませんでした。


最後にテスターにてエア抜きして無事完了。
今回も藤村氏にはお世話になりました。



エンジン不調

BMW E32 7シリーズのエンジン不調修理。
試運転から戻ると煙モクモクでガソリン臭い。
初めて触る車両なのでよくわかりませんが久々登場のランチにて診断していきます。


データーを左右バンクで見ていくと


左バンクの噴射量がとんでもない値。


犯人は此奴、エアフロでした。
業者さんの依頼なので部品を探してもらい交換するといい塩梅になりここからさらに診断。




資料を色々調べながら7番シリンダーの不調が判明。


点火系の部品は交換済みという事でしたがスパークプラグの不良でした。
で、左バンクだけ交換して欲しいと


非常ーに狭い


交換後はアイドリングも安定し諸々の数値も左右揃って何とかフィニッシュ。

先ずはお勉強

ポルシェ ボクスター。
点検の為オープンを開けていい位置になる様に


先ずはエアーエレメントの交換




狭くなかなかパコっと取り付け出来ず中々手強い


あとはエアコンのフィルターを交換して今回は終了。


ハイゼットもエアコンフィルターの取り付け。
付いていない車両が多いですね。

フィアット500 

車検での入庫で今回の作業としてはフロントブレーキとスパークプラグ。


酷い片減り。
ローターも今回同時に交換。


交換後になりますが、ここのピンの錆つき、
ロックピンがグチャグチャで外すのが大変。


スパークプラグの交換も


プラグコードがこれまた固くて抜けない。
取り付け時はシュッとしておくと次回はスコッと外れると思います。


エアコンフィルターも交換して完了。