BMW E91 納車整備

業者さんの納車整備。
走行7万キロに近いので諸々消耗品の交換を。
エンジンオイル量の警告が出ていましたが、量も少なくエレメントは千切れてしまう。

エアエレメント

エアコンフィルター

ATFはフィルターキットにて交換。


デフオイルはバキュームで吸い出して交換しCBSリセットして完了。
スポンサーサイト

ダイムラー 始動不能

ダイムラーダブルシックスが始動不能でレッカー入庫。
工場前が坂の為不動車の入庫は大変です。

感じとしては燃料系。
まずはポンプの電源、単体テスト。

電源問題なし、ポンプ作動不良のためタンク下ろし決定です。


今回の直接の故障原因は水の混入。
ドレンが詰まり真上に向いているフィラーから入ったと推測します。
ガソリンを完全に抜き、タンク底を掃除してフューエルフィルターも交換して無事エンジン始動となりました。

配管ジョイント部、ミクロチェックにて漏れの確認とエンジン始動を数日間テストして完了です。

我が家のお車もエンジンかからなくなる。

原因不明の圧縮不良。
シリンダーにオイルを垂らしてクランキングを繰り返し何とか復帰しましたがモヤモヤが残ります。

雪かきって大変ですね。

今朝は雪かきからスタート。
腰、痛めている手首にグッとくる。
納車整備で入庫のニュービートル。
まずは、ブレーキから


分解してグリス塗ってハブは固着防止措置。

ドレンパッキンが付いてない。

レベルゲージも交換。


スパークプラグ交換。


詰まりすぎのエアコンフィルター交換。

ワイパーブレード交換。
バッテリー交換して完了。
そろそろタイミングベルト、ATFの交換も必要とお伝えして完了です。

定期的にやるのが良いと思います。

4万キロ走行のゴルフの車検。
直噴なのでインテークリフレッシュの施工。
ゆっくり吸わせていきます。

今回はスパークプラグも交換。

配管を傷付けない様に慎重に。
エアコンフィルターも交換して完了。

エンジンチェック点灯

車検で入庫のBMW E46
まずはエンジンチェック点灯修理から。



原因はラムダセンサヒーター故障。
今回は中古部品にて対応しました。



車検整備に関しては、オイル漏れが酷くまずは二次的故障を防止するためエレメントハウジング、センサー部のシール交換。







エアーエレメント清掃時、エアダクトのシール不良がありこちらも合わせて交換。



ブレーキは前後共、分解、グリス給油し錆つき防止処置にて完了です。