エブリィ ABS警告点灯

車検で入庫のエブリィ。
まずは、ABS警告点灯から。
故障コードは左前スピードセンサー。

実測でも0kmと異常です。
まずは、抵抗測定から
右前

左前

センサー交換後は、正常復帰。
点検整備は、ホイールシリンダー。


スパークプラグ

エアコンフィルタ

冬場、水温計が下がってしまうということでサーモスタットを外してみると

開きっぱなし。
交換してエア抜きして完了です。
スポンサーサイト

ハイエース 水漏れ修理

ハイエースディーゼル。
点検の為リフトアップすると赤い液体

かなりの漏れがあるようです。
ベルトを外して確認していくと


ウォーターポンプからの水漏れです。
交換は、クーラーコンプレッサー、テンショナー、オルタネーター、タイミングベルトなど外し道のりは長いです。


やっと取り外す。

全てを組み付けエアコンガス規定量をチャージ。
冷却水のエア抜き、漏れがないか確認して完了です。
初めての為時間掛かりすぎました。

排ガス濃度が基準外

16万キロ走行のエブリィバン。
車検での入庫ですが、排ガス濃度がCO,HCともに数値が高く検査合格できないレベルです。
まずは、色々と数値の確認。

気になっていたO2センサーの数値が変化してない。
センサーの反応をテストしても全く反応しないのでセンサー不良と判断。

交換後

O2センサーの反応も良くなりCO.HCの数値も下がり基準値内になり無事に車検も合格。
チェックランプが点灯していなくても今回の様な故障もあるので定期点検は大事です。

風がでない

ブロアファン不動で入庫のE11 ノート。
ヒューズなどのは問題なし。
各部点検していきますが、モーターの点検は
最近の国産車は意外と大変で諸々外して電源、単体テストはこちらも問題なし。

不良の場合はダッシュ下ろしになるので一安心です。
あとは、パワーユニットの点検。
ブロアレジスターですね。

修理書で確認し電源、波形など問題がないことからユニットの交換。

で修理完了です。
バレオでチャイナ、不具合多そうですね。

ステアリング異音

アルファードステアリング異音での入庫。
左右に切ると異音がします。
ステアリングシャフトの不良で今回のような音が出る事が多いですが今回は、高額部品のステアリングコラムの交換になりました。


今回は品番変更があるシャフトも同時に交換しました。

ステアリングロックのボルトは簡単に緩んで一安心。