分解してみる

先日交換したプリウスのトランスミッション。
引き取り手もないので解体してみます。



フィルターは随分と小さいですね。

問題のモーターの絶縁抵抗は

単体でもアウト。
モーターの不良でした。
スポンサーサイト

USプリウス  ハイブリッド修理

年明けハイブリッドバッテリーを交換したUSプリウスが再度警告灯点灯ため再入庫。
心配していたトランスミッション絶縁不良のコード613が。

絶縁抵抗を測定するとモーターかアウト、

今回は、中古のミッションで載せ替えます。
インバータを外し

エンジンを吊って

メンバー、ミッションを下ろす。

載せ替えて試運転して完了。
ハイブリッドの修理は、高額になりますね。
絶縁不良は今回の様にピンポイントでのコードがでないとなかなか判断が難しいですし完全に不良状態にならないと部品交換に踏み切れないところがあります。
並行車だったこともあり、時間がかかりましたが勉強になりました。

アイドリングストップバッテリー

ダイハツ ムーブのバッテリー交換。
作業後のリセットは、ヒューズを外すのですが、二カ所に分かれていたので探しちゃいました。


C26セレナは、テスターにてリセット。

一手間かかります。

ブーツ切れ

トヨタのスタビリンクのブーツ切れ。
ガタがないのでいつものブーツを使って。

バモスもロアボールジョイントブーツ切れ。

この他タイロッドエンドブーツ、スタビリンクのブーツも切れていたので同時交換。
シフトインジケータのバルブも切れて点灯しない。

部品を待ってられないので、合いそうなバルブを移植。
日産車はホイールシリンダーの錆。


明日は雪が降るのかな?

横滑り警告

MCU30ハリアーがスピードが出なく走行できないということでレッカー入庫。
試運転すると確かにスピードが出ませんが、そのときにブザー音と共に横滑り警告灯が点滅してABSが作動してしまってます。
まずは、DTCのチェック。

これをもとにデータモニターしながら試運転してみますが、Gセンサ、ヨーレイト共にとくに問題がなさそう。
一度コードを消去すると症状は変わらずでますがコードがはいってきません。
写真、データは撮り忘れましたが走行中のステアリングアングルの値がおかしい。
直進状態なのに、数値が大きすぎなのでセンサーを交換します。


慎重に爪を折らないように。
交換後の試運転では

ステアリングアングル、舵角センサーの数値も問題なく症状もでないことを確認して修理完了です。